huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

山手西洋館巡り№6(べーリックホール)

6月2日の 16時半頃


雨が本降りになってきた 


傘をさしている右手のコートの袖口と 背中が濡れているのが解る 



雨の日に写真を撮るとこうなるんだなぁ~っ







一般公開となったのが2002年7月のことだという



山手西洋館巡り №5(エリスマン邸) から 隣の べーリックホールへ


 
べーリックホール



横浜に残る洋館の中でも個人宅としては最大級の規模で





べーリックホール




建物はスパニッシュ風の様式らしいが



それよりも こちらの楓らしき 枝ぶりが 


まるで 水墨画から抜き出てきようで 魅かれる


べーリックホール


雨でぬれて 重そうに くったり しな垂れている中に 入ってみる。


雨が銀色に葉を 輝かせているのが 好きだ。


木と対話できて 小宇宙の様で好きだ 

べーリックホール





設計したJ.H.モーガンは「山手111番館」も設計しており 南欧風の雰囲気を個人宅では特徴だったらしい。



なんとな~~~く 「マスク オブ ゾロ」の シーンを思い出す 



べーリックホール

こういう レースの様な黒のアイアンで 曲でいて教会のステンドグラスのように 室内が照らされると 赤や 黒のタイルに


煌びやかな衣服をまとった女性が立つと 素敵だと思う。


べーリックホール



こういう 天に向かうような元気で白黒で統一されて 直線的な生け方がこの雰囲気にはピッタリだ


絵を描きたくなるな~。

風が 廻っている感じがする。


べーリックホール


茶で、このじゅうたんの大きさに驚くわ。


でも・・・グランドも 茶色だしアンサンブルに程良いかな~という感じ。


コンサートがあるみたい。



べーリックホール



キッチンの流し台は 大理石?


角がとれていて 汚れを落としやすいだろうと思われる 


白くて清潔。


べーリックホール


こんな 素敵な お皿もありましたよ


べーリックホール


和洋折衷を上手く取り入れていたのでしょう。

べーリックホール



二階へと続きますが・・・



この 白 黒 赤の コントラストが好きで 


遠近感があって・・・




べーリックホール


特に、手前の手すりの渦巻き 君が 止め感があっていい



スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-08-10(Wed)14:02 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。