huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ) in 石見銀山

龍源寺間歩 (りゅうげんじまぶ)へ 行く道中です


レンタル自転車が電動でも、翌日筋肉痛だった 


最後の方で気がついたけれど、サドルの高さって調節しないと すっごく脚力に反比例するんですね 


普通のチャリで登って行く 若者を観てて不思議だったわ 


だけど、息子は最悪だったみたい、マウンテンバイクだったのだけれど


チェーンが 外れそうに カッチンカッチン鳴って 途中でペダルが空回りしたりして進まないので 


普通の自転車が良かったらしい 


試乗するって自転車でも大事 






銀山間歩


歩いたら ほぼ 一時間はかかるですよ 


そうしたら 大森地区+こちらも 歩きなんて 死んでしまいす  



ま~ なんだかんだと ぐちぐち・・・ヒイヒイ言いながらも25分程??で 到着。





江戸時代の中頃に開発された代官所直営の坑道で、大久保間歩に次いで長く、約600mあります。



銀山間歩


そのうち一般に公開されているのは273mで、坑道の壁面 には当時のノミの跡がそのまま残っています。


銀山間歩


排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあります。


そういえば 資料館で 排水する時に木製のポンプで吸い上げているシーンの絵巻が ありあした。


銀山間歩

これだけ 手彫りで掘り進んだ 間歩が 後、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されていて500を越える間歩があるとか

銀山間歩


そういえば ガイドさんが 石見銀山は 東京ドームが 80入ると言っていたような 

銀山間歩


今回 車いすで来られていた方を 数名いらっしゃってて 感動 

銀山間歩


この スロープの中を 押していらっしゃいました 

銀山間歩


諦めないって 大切です 

帰りは 下り坂~ (当たり前)


これがまた ブレーキをかけながらというのが恐怖 


結構 狭い道なので 歩行されている方に気をつけなければならず 慎重に 


こういう時には 鈴を鳴らすかどうか迷うけれど 鳴らすことに・・・


ところが、帰りは 相方さんが息子がかわいそうだと マウンテンバイクに乗ることになったけれど 鈴が鳴らないことに気がつく


と・・・そこで 息子が 親思い(エチケットか?) 後方からついて行き 鈴を鳴らしてあげてた 

銀山間歩


セレンは 男性群より 300メートルくらい 後方で ゆるりと降って行った 



そう そう お腹すくだろうと 登りの時に チェックしていた お団子屋ちゃん 


前方に生き過ぎる男性群に「だんご~~~」って 叫んだ 



銀山間歩



昔「団子三兄弟」って 歌 はやったっけぇ~  


味噌だれで~~~っす  


銀山間歩


ぷっくり 膨れて香ばしく もっちりぃ~で うまうま 



最後の 五百羅漢へ 


銀山で亡くなった人々の霊と先祖の霊を供養するために25年かかって代官や代官所役人、領内の人々の援助、協力により石橋などを築き、石窟内に石造の五百羅漢を納め羅漢寺を建立しました。


岩盤斜面に3つの石窟があり、中央窟に石造釈迦三尊仏を、左右両窟には五百羅漢像がそれぞれ250体ずつ、計501体の坐像が安置されています。


ふ~~~ん


四国八十八カ所の


第五番札所 地蔵寺(じぞうじ)の奥の院の羅漢堂五百羅漢を 思い出してました 

銀山間歩


さて・・・


ゴールデンウィーク2週間前ともなると 旅館の予約もどこもいっぱいで


ちょっと 遠目の 「有福温泉」の宿しか 空いてませんでした。


そこへ 向かうべく 車に乗ったのが 5時頃


石見銀山は 一日かけて大雑把にしか廻りきれませんでした。


と~~~~っても 残念なのは





カンテラ屋 竹下ブリキ店 を 覗いてなかったことです 


島根県大田市大森町駒の足ハ171
0854-89-0544
通年 不定休 9:00~18:00(閉店)
JR山陰本線大田市駅から石見交通大森行きバスで28分、大森下車、徒歩5分 -
カンテラ(予約注文、完成まで3~4年待ち) 3000円
カンテラせんべい 500円
絵葉書(8枚) 550円
絵葉書(1枚) 150円
利用不可



「明治31(1898)年創業。銀山関係のカンテラやガス灯などの作成技術を生かし、アンティークな手作りカンテラを昭和56(1981)年から制作。カンテラせんべいや銀山の絵葉書も販売。」


もう一度 カフェ カリアーノへ行き

竹下ブリキ店や

銀細工

そうそう ARTな 世界

Tシャツみたいに バカボンのママの真っ白なママエプロンにデザインして 吊るしてあった古民家とか

まったり~ゆったり してみたい 


ええとこやったな~ 

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-06-10(Fri)16:35 [編集]

☆チャンスは一度だけかも☆

世界遺産といえば、宮島に行った時もですが、ロープウェイから登山へと 杖を使用していた高齢者の方を御家族が少しでも一緒にという気持ちで 支えていらっしゃってました。
御本人も諦めてない雰囲気で・・・ なんとも ・・・ 素晴らしいな~って 

もうね~1日で網羅するぞv-91って 思ってたので 頑張ったのわかったe-3
ありがとう v-410

セレン | URL | 2011-06-11(Sat)10:05 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。