huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

石見銀山 (4月29日)№3

レトロな新聞社の看板ですが・・・ フォントや画数も違っているのがデザイン的に面白いです

石見銀山街並み



木工細工屋さん だったかな~ 


おしゃもじ風の丸い木の枝の様な木の柱の 天辺からビー玉を落とすと


カランコロンと枝に当たりががら 


下駄を鳴らして歩いてくる音がしました。



石見銀山街並み


こういう長い屋根の並びに 不揃いの窓の配置が好きです。


ご家族の顏を 窓にあてはめたくなります 


石見銀山街並み


そんなこんなで 夢中になっていると ガイドさんが 遠くに 


走り追いつく 


「この凹みのある石は何でしょう


銀を抽出する過程で この石(要石)を使用していたそうです 


銀の製錬 灰吹法←詳しくはこちら


灰吹法は石見銀山から全国に広まったそうです。




最初の工程 

「鏈拵(くさりこしらえ)銀鉱石を「要石(かなめいし)」の上に載せてかなづちで砕く。その後、水の中でゆすりながらより分ける。」という


その 要石

石見銀山街並み



「春の小川は さらさら~~いくよぉ~

おっ Meiji の 笑顔 

湯がり 牛乳、コーヒー牛乳はいいね 

石見銀山街並み


栄泉寺(えいさいじ)の竜宮門


徳川天領の代官屋代増之助から、「断りなしに地方のお寺が無礼だ」と、取り壊しの厳命が下りてから

門に荒むしろをかけ、板で囲いをして通行止めをし 守り抜いたそうです。


石見銀山街並み


実は 石見銀山へ 来た訳は


ここ


カフェ カリアーリが 目的だったの 


石見銀山街並み


ガイドさんと歴史堪能をした後 折り返し カフェ カリアーリにて ホット一息するつもり 





石見銀山街並み


格子と・・障子戸の 可愛いい入口 


石見銀山街並み

そう 4月29日は 昭和の日 


国旗を掲げる事も なくなってきて 


石見銀山街並み


 お武家さまの屋敷だそうで、意外に質素な感じがしました

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-05-19(Thu)16:57 [編集]

☆ ほんとに簡素☆

映画でも・・「武士の家計簿」とかで 江戸時代の倹約ぶりというか そういうのを思い出してました。

セレン | URL | 2011-05-20(Fri)10:08 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。