huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

自然食バイキング はーべすと

新横浜駅での 楽しみは、アール・ドゥ・パンもですが、自然食バイキング はーべすとのlunchです(3月4日)

新鮮な野菜が てんこ盛りです 


この一皿で 1日分のお野菜がいただけそう。


肉類はいれなくて、小魚だけです


自然食バイキング はーべすと



この 砂漠の向こう(ビル街)から ガソリンによって運ばれてくる野菜たちです。


セレンの住んでいる島には、土が見え、小川が流れ 古い屋敷には 井戸があり、敷地内にちょっとした畑があり、自分の食べる季節の野菜くらいは作って暮らしています。


 
夜になると当然のように 奇麗な星や月が見えます


自然食バイキング はーべすと


手草ぬきをして、縁側に座るとすぐそばに 竹林があって農作業の合間におにぎり握って食べれば 5月はそよ風に吹かれて、気持ちいいし


竹やぶに入って 粽を作るササの葉をとってきたり出来る。


まだ、来客が無い限り、夏場は扇風機で 済ますことが出来ます。


都会のように アスファルトで覆われていると 夏は暑く冷房をきかさなければならない。



どちらが 快適かといえば


人もよりますが・・・


人の身心に良いのはどちらかというので 考えてみたら


やっぱり・・・ 今がいいな~って 思うのです。


自然食バイキング はーべすと



でも、医療面では 都会の方が進歩しており


高齢に近づくにつれて 考えてしまいます。



手術を受け定期健診日、3月18日 新横浜駅へ向かう途中 雪にて 10分ほど新幹線が遅れ気味



雪



このあいだ 聴講し、世界中の石油が


この 富士山の1.5倍しか残ってないとのこと 


2月24日富士さん


石油文化、原子炉、で 楽な生活をしてきた 人間。


今や、農家も トラクターや肥料、ハウスなど石油がなければ やっていけなくなってきてて 


野菜を食べる時には 電気や石油を食べているって 思わなければ・・・・


昭和初期には 川にはヤギや牛が草を食べ(今のように河川の草刈りなど人間はしなかった)


各家に、ニワトリを飼って 毎朝新鮮な卵を食べ


鶏ふんは 落とし便所の人間の○○と一緒に 畑に


それを食べて平気だったころ


コンセントは 人部屋に1つですんでたな~~~って 思い出してます。


その頃には戻れないんだろうな~~。


でも、自分は経験してるから


戻っても 苦痛でないと思うし、楽しめるけれど


現代っ子って どうなんだろう?


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-04-26(Tue)11:42 [編集]

☆美味しい野菜☆

苦い物は苦い、酸っぱい物は酸っぱい、灰汁があるのなら 灰汁を感じる方が好きです。
なんやら・・・トマトも昔のトマトが好きなんだけれどな~~~っ
みんな 個性がなくなってしまって おもろないです e-464

これって 人もそうですよね~e-267

セレン | URL | 2011-04-26(Tue)15:49 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。