huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

宮島 

紅葉狩りに行こう ということで 宮島へ

2時間ちょっとで フェリー乗り場へ 8時半に到着



宮島

 
11月22日月曜日 


そう いい夫婦の日 


翌日23日は 勤労感謝の日というのもあってか 高速が1000円だったので ラッキーだったが


また、雨天 


往復券を買って 乗船ましたら、平日8時半でも 雨天なのに、満員。



宮島




10分ほどで宮島へ到着





世界遺産に登録されている

厳島神社の鳥居が、もやもやぁ~っと 一点に 見える。



宮島


9時頃・・・町屋通り


男性用の傘を 持ってきていて正解 


宮島

まだ お店がOPENされていないところも


宮島


表参道商店街へ


世界一の大杓子 (ケヤキ、樹齢270年 長さ 7.7m 幅 2.7、 重さ2.5トン)




宮島




それに 比べて 可愛いSMILE スプーン 


買おうかと迷ってたら・・・ 相方さんが行くので 


宮島


帰りに食べに寄る予定の 「紅葉堂」さんの 揚げもみじのお店屋さんで


初々しい お色直しした花嫁さん 




宮島


うっわ~~い



見事に 真っ白 



宮島


鳥居に七五三のお祝いの 案内がある。



あ~ 鹿さんのお出迎えですけど


鹿さんの香りが・・・


宮島


角もカットされて


ちょっ 寒そう 


宮島


朱色って 素晴らしいねぇ~


自然の中に溶け込んでいるようで


違和感なく 見事に映えていて 神々しい 


紅葉色です 

昇澱時間 6時半~夕方6時まで というのだから


宿泊して前日は日没を 翌朝は 日の出を神殿から 眺めるというのも素敵 



宮島

9時半ごろ 満潮でして


今にも 神殿が沈みそうです 


宮島



背後の 紅葉した山々に


雨が降り注ぎ


山水画のようでしょう 


宮島


会場の上を歩いているような錯覚に 


宮島


ご神前結婚 



宮島




巫女さんも そうですが・・・。


平安時代にタイムスリップした感 



宮島


こんな 満潮時に来れたのも なんかの 縁かしらねぇ~。


宮島


バス観光客の方々の傘も 紅葉に見えてきます。

宮島


毛利氏によって 寄進された 能舞台は


松、と 竹が描かれており


梅が描かれてないのは 梅は能を舞う人なのだそうですよ


粋ですよねぇ~ 



宮島


反橋ですが あまりに急な角度で


ハッキリ 渡れません 


臨時に階段をとりつけて 渡ったらしいです。


宮島




見事に渡り廊下沿いに一直線に落ちる「雨だれ」でしょう 







宮島



見事な 雨女な セレンでした って。。。。


まだまだ つづくぅ~。



スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-24(Wed)17:11 [編集]

☆水もしたたるセレンの傘?☆

そうなんですよねぇ~男性用でないと シッカリガードできません e-267
結構、子の傘の形と色が気に入ってるのです e-266
実は、雨が降るのが楽しみなんです e-456
えっ e-317
セレンだって 解ったんだねぇ~e-465

セレン | URL | 2010-11-24(Wed)20:59 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。