huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

尾道灯りまつり~JR尾道駅前ベルポール広場 ~ 

Classico [ クラシコ ]- Shop & Roasting -から


JR尾道駅前ベルポール広場
JR尾道駅前ベルポール広場


[ 波の通り道 ]

波のデザイン
⇒龍の國・尾道というテーマ(和風の形)
⇒夜の尾道水道がキラキラと輝いて見える(光のコントラスト)

配置のデザイン
⇒中央に尾道を舞台にしたドラマ「てっぱん」のステージ(ステージから見たときに美しく見える広がり)
⇒波との一体感を感じてほしい(波と波の間をぬって歩くことができる・波紋の中に入ることができる)

尾道大学ひかりアート研究会



しまなみ交流館前



しまなみ交流館前


[ 尾道の案内人 ]

尾道に住む猫たちは、私たちが訪れる先々でその姿を見せ尾道の街を案内してくれます。
そこで、様々な人が訪れ、尾道の窓とも言えるしまなみ交流館に尾道の象徴である猫を配置し、灯りまつりの夜道を案内してもらおうと思います。

尾道大学ひかりアート研究会


千光寺公園内でも 猫ちゃんが 近寄ってきたり、


3重の塔の傍の石垣にも 番いで シーサーの様に 寄り添っていましたよ。




しまなみ交流館前



スペシャルバンドによる演奏の中


光の波、潮風を感じながら 潜り抜けて



JR尾道駅前ベルポール広場


宝土寺での 猫夫人の アドバイスにより


向島兼吉地区


向島フェリー乗り場



大島フェリーと違って・・・


マッチ箱のような フェリー 渡航船が スレスレに スラスラと すれ違います。


切符などないので


100円を握りしめ


おじさんに 手渡しマス 


おじさんは 朝からずっと この 海の上で 滑りながら過ごしているのでしょう。


でも 100円を 握りしめて すぐに 渡さなければ おじさんは忙しいので 大変そうです 


渡してくれた人と そうでない人を シッカリ覚えていないといけないのだから。。。


きっと 人の顏を 覚えるのは 得意なのだと思った 


向島フェリー乗り場


フェリーの真っ白い待合所です。(恋人と一緒に座ってみたい場所ですぅ)


白い 風見鶏が 屋根の上で ビクともしない。


それほど、無風な 穏やかな日です。


そうでないと 灯りまつりは コワイ 

向島フェリー乗り場


猫夫人と一緒に  宝土寺から 観た一直線に並んでいる 向島の 灯りが 迎えてくれている。


次第に 近づいてきてるのだから フェリーは 進んでいるのだろうと思う。


エンジンも水面も 揺れも ほとんど 感じない。


いかに、普段 大島⇔今治 間の 来島大橋付近の 潮が 急流なのか というのと


こちらが 凪いでいるのかというのが面白かった 


 

向島



一直線に並んだ炎

坂道にも並べられているのでしょう

山へ向かって光の道が伸びていて

気持ちが 高ぶってくる 


 


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-08(Mon)16:47 [編集]

☆渡船☆

夜は特に・・・ロマンチックです。
もしかして、、その昔、「むかいしま」に恋しい人がおってなぁ~~っv-343
夜になると桶に乗ってむかい島まで コイでいったものです・・・なんて 話があったりして v-353

セレン | URL | 2010-11-08(Mon)19:31 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。