huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

Bistro KOKO  で、LUNCH 

ホテル 奥道後で 菊花展も 真っ盛り中を 通り抜け


奥道後


松山市で所用を済ませ




Bistro KOKO  へ



「懐かしい貴女の声 この広い世の中で・・・」ふむふむ


「忘れられない音の一つ」ふむふむ。


今日も 素敵なお言葉。


先程までエンサウンドさんで 音の世界にいましたが・・・





料理にも 音の世界はありますよね。

 

ビストロ ココ

ランチコースの要望が多く コースだけになってました。

できたら、lunchは デザート抜きのほうが 好きなのですが・・・。


ビストロ ココ


松山城の見える席で


ビストロ ココ



まずは、サバと野菜のギリシャ風マリネサラダ仕立て・・・かな?


粒マスタードかなぁ~?


カブラとサバのマリネや お野菜に プチプチ はじける 美味しさが


スタッカート気味に アクセントがついた感じ さらにcrescendo!! 


モーツァルト風です。


ビストロ ココ



さらに・・・ 濃厚でアツアツに火傷をしそうな。


オニオングラタンスープは


ショパンといってもいいくらいです。


単独でなく、バケットを入れて 食べちゃいますよね 



ビストロ ココ


イノシシのソーション


パリパリっと パイを割るところから


ベートーヴェンの交響曲「運命」ってところかな・・。




ビストロ ココ



イノシシのモモ肉が シッカリしていて その中に ゴロゴロっと ピスタチオが 香りを放ち踊り出す。


ビストロ ココ


秋のキノコたちに ソースが絡み合って


重厚さが増します。


最後に ピスタチオの香りがほのかに余韻がありました。

ビストロ ココ


紅茶に デセール(デザート)はアニス(八角の味に似てます)が入った(古代ローマ人は、大量の濃厚な食事の後に、消化を助けるためのアニスを使ったケーキを食べていたといわれている)アイスと、濃厚なチョコレートの焼き菓子でした。


アニスって 優しい気配りですよね。


ビストロ ココ


この 冷たいアニスのパンチの効いたアイスと 一緒に 濃厚なチョコレートの焼き菓子を口に含むみ 転がすと 楽しい味ですよ。


時折、熱い紅茶を 含むと・・・・また いい感じでした。



香り、食感、音、味、全て 最後まで 幸せな時間をありがとう 


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-02(Tue)13:24 [編集]

☆lunch Time ☆

ありがとうv-22

とっても リラックスできて お食事ができる雰囲気なので また行きたいところです。
食材が面白いので 楽しみなんですよ v-10
グツグツ、パリパリ、サクサクっ ホロホロ とか コリコリ・・・たくさん音が楽しめました。

セレン | URL | 2010-11-02(Tue)19:17 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。