huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

伊豫國越智郡 大山祇神社 おおやまづみ じんじゃ  奥の院の生樹の御門の帰路にて


民家らしいんですけど・・・。

奥の院の 側の民家


とても 立派な御門の 両脇にある松が 気になって 写真に撮りました 


片方が枯れて 片方が元気 


同じ場所に立っていて 


そういうのって あるよね 


マンホール


マンホール 。。。 映画にも色々なシーンで使われるけど


大三島の花は「みかんの花」


伯方島は しまなみ花街道によると「さつき」



大島 吉海町は 「バラ」 宮窪町は 「桜」



蝶



この日も 蝶を 撮影できましたよ 



セレンの好きな 


KAKEFUDAさんの 蝶の風呂敷で


古来、蝶の美しさは人々を魅了し続け、
ひらひらと舞う様子は霊魂が飛んでいるとみなされてきました。
一度さなぎになって華麗に生まれ変わる神秘的な姿を
不滅・復活・立身出世に例えて武家の家紋や意匠に好まれ、
つがいで飛ぶことから夫婦和合を、
幼子の衣装の文様として美しい成長を願います。



そういえば 甲冑などで 観たことがあります・・・。
「蝶番 (ちょうつがい)」というのも つがいで飛ぶ ということから きたのかな??
「蝶結び」 これも とっても 縁起がよさそう。







更に こういう 縁起の良さも 




変化、喜び、長寿、愛の象徴ー
2009年の火の年、ラッキーアイテムとしてかかせないバタフライ。美とチャンスをつれてきます。
ネイティブアメリカンの伝説によれば、「誰にも言えない秘密の願い事を蝶にささやくと、あなたの願いが神様にまで届けられる」という言い伝えがあります。
また、蝶や花はとても縁起の良いものとされています。


日本では、蝶という音は、「丁」「長」に通じるため、長寿や子孫繁栄などとてもおめでたいとされていますし、世界中でHappyアイテムーとして女性に人気の高いものです


 


蝶


つがいで 飛んでいたのか・・・



手前の蝶は 奇麗ですが



左端に 飛んでいる 蝶は雌らしく 羽がボロボロになってます ・・・・


蝶は 大海を渡って 飛来してくる蝶があるのだから


ヒラヒラで 華麗で 弱々しい 姿でも 内側に秘めた強さというのが 


感じられて 好きだな~~~。(触れられないけど
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-09-15(Wed)13:19 [編集]

夜は涼しくなりましたよね~(#^.^#)

昼間もようやっと、半袖を着る気持ちになりましたv-39
でも・・まだまだ 暑い感じ e-330
日焼けも注意ですよね e-351

セレン | URL | 2010-09-15(Wed)18:31 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。