huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ちいさな しんにゅうしゃ

外は 夏の 太陽が カンカンと 怒っている日の 

侵入者

脱衣籠に 入れようとしたら 

少年カマキリ 


カマキリ



ふと 思い出した。


あの・・・あの 詩を


「のはらうた」の「くどうなおこ(工藤 直子)と のはらみんな」



おれは かまきり 

      
    かまきりりゅうじ


おう なつだぜ !!!

・・・・・・

・・・


おれの こころも かまも


どきどき するほど 


・・・・ だぜ


わくわく するほど


・・・・・るぜ 


カマキリ




途中 省いてるけれど

この 詩に出逢ったのは


我が子の 小学校の 国語の教材でありました。



いつか

この詩に 曲をつけてみようと思い



全巻を 購入した途端に

もう・・・ すでに 作曲された方が



それはそうでしょうよ

この詩を読んだ時 


こちらこそ ドキドキ ワクワク



これほど リズムが取りやすい詩は ないし

生命力を 感じて元気になれる詩は ない !!!




この 小さな 元気で 鮮やかな 緑の カマキリ君(女の子かな?) に 出逢って

今は また 「のはらうた」を 読み直しています。


カマキリ










そうそう もう もうひとつ 



やなせ たかし さん 作詞の

「手のひらを太陽に」 を 歌いたくなった !!!










 

猛暑が つづいてます・・・。

今日は 土用の日ですね~~~。



いろんなところから 元気を 「いただきましょう」




今日も セレンのブログを見てくださって ありがとう 






スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。