huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

重松史二(しげまつ ふみつぐ)作陶展

秋も深まる11月より
ここ大島出身、在住の陶芸家 重松史二氏の
個展が開催されることになりました

日時 : 11月15日(日)16日(月)17日(火)
     午前10時~午後4時まで
会場 : 古民家茶房 陀阿茶(ダーチャ)
     愛媛県今治市宮窪町宮窪2661-1
     (宮窪支所裏、駐車場あり)
     090-7572-9686
     http://dachas.blog26.fc2.com/

各地で活動されてきた重松さんですが
意外や意外!!
ここ故郷でもある大島での個展は初めてのこと。
この度、協賛させて頂くこととなった私達スタッフにとっても
友人としても、ファンとしても
今からとても!とても!待望のことで、楽しみなのであります

重松史二さんという人について・・・
作りだす器について・・・
主催者、会場ともなる 古民家茶房ダーチャについて・・・

などなど、追って紹介させて頂こうと思います



と・・・ Shima2 Net の コピペでございますが・・・


秋といえば 食欲もおありでしょうが

芸術の秋でありましょう 


でも

やはり・・・秋を食べたいというのも 叶えてくださりそうですよ

こちら Shima2 Net 織部焼の コピペ

個展当日は、その器たちでコーヒーや手作り菓子
抹茶茶碗でお抹茶がいただけるんです
あ~~この時ばかりは
なんでスタッフ側なんだろうと無念ですが
なんとか目を盗んでお客様にまぎれてみまっす!!
・・・・バレバレか



セレンも 思うのです。


なかなか 実際に手に触れながら 
いただけるというのは ないのでいかがでしょうか?

陶芸家さんの 心に触れる
人生に触れる と 言っても 過言ではないかと 


まさに・・・


史二さんの 心の故郷 を 器に感じる瞬間です。


そう

あの歌

「兎追いし かの山~~~♪」

緑の色は故郷の山 土のそのままの 肌触り  色 

野々山・・・季節も移り変わりが 器に なった感覚です。

その中を 歩く自分が見える?

兎が見える?

鬼ごっこをした あのころが 見える?


目が見えない人も 

触れたらわかる 色の温度。


器にのせるのは

その人の人生や

夢・・・故郷の思い


それさえも 受け止めてくれる 器です。




さて・・・・





人にも(人生にも) 季節があります。




秋の実りの季節。




ズンと 凝縮した重い季節。




感じていただきましょう 



是非 訪れてみてください。





 こちらも 見てね 

昔懐かしい・・家屋へ 想いを よせる の「春」

陀阿茶 (手作り和菓子と桜の茶会のご案内)

呆丹窯へ行ってきました。









スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

セレンちゃ--ん!!
古民家行きた--い!!
実は、私 絵本の読み聞かせのボランティアをしているんですが、今治の古民家を借りて、イベントを3回してきました。
先日、そこが借りれなくなり、また別のところを今探してて、昨日は、あるところにお邪魔して古民家 見てきたんです。
癒されるよね!!

ちょっちゃん | URL | 2009-10-30(Fri)16:40 [編集]

いらっしゃぁ~~~い

☆ちょっちゃんへ☆
日曜日なら大島に来られているのでしょう?
セレンは お仕事日ですが 1時半頃から3時までは しましまgalleryに 居ると思うわよ。
でも・・・ 陀阿茶さんへはご紹介はできます。
それから、絵本読み聞かせにはぴったりですよ~~~
なんていったって・・・保育園 幼稚園 小学校 中学校 ここから 徒歩で5分程です。

セレン | URL | 2009-10-30(Fri)18:39 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。