huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

黒田商店

イサムノグチ庭園美術館で 雨天を楽しむで イサムノグチの 世界に浸り うどん本陣 山田家 de(紅葉狩り№7)で LUNCHを済ませ


黒田商店さんへ 


黒田商店

もう~ 何十年も浴衣を着れていません


なぜなら、魚の目が左足(利き足)第四指先に出来ており 皮膚科や整形外科にお世話になりましたが、治癒しなかったため 下駄は硬い木材で出来ているので 痛くて 歩けるのもではありませんでした。

黒田商店


そこで 低反発のクッションで 革張りの下駄があるという黒田商店さんを 知った1年前 これでようやっと 浴衣が着れるかも  と・・・辿りつけたこの日。


早速 店頭に置いてある 試し履き用の下駄をはいてみました。


下駄というと普通は どちらの足でも履けるように 同じ形をしているのですが


靴の様に 右足は右足 左足は左足用になっており 底にはゴムがあり 滑らず、横の姿も ヒールの様に見えます。


かかとに下駄の土台が寄りそっているという感じで パカパカせず 蹴りだしも良好。


小走りOK


効き足の方が 1cm 程 大きいので 靴選びは こちらのサイズに合わすため、片方がダスダスで 敷物を入れ調節してました。


指が長いので 靴の中で曲がってしまいますが、下駄は指が遊べるので いい具合ですし。


サンダルのように硬いナイロンが食い込むということもなく、優しい鼻緒でいい具合に閉めてくれているのでうれしい。


というより 魚の目を忘れてました


黒田さんは 下駄で 川辺に行ったりするそうです。


高さがあるので 水たまりにも 強いかも・・・・濡れたら拭けばよいしねっ


雨の日も 大丈夫ってことで、鼻緒選び


こちらの 写真の 左端下から2段目に見える ピンク色にシルバーの クロコダイル模様の皮張りを 欲しかったのですが、 シンプルな方が 様々なファッションに対応できるだろうというので シックな黒のエナメルの鼻緒にしました。


この日は 調整してくれる 旦那様? が お留守だったようで 調整出来たら 送ってくれるそうです



ふと 思い出した 童謡。







春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちのまえの 桃の木の
つぼみもみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

作曲 弘田 龍太郎
作詞 相馬御風


たぶん 「じょじょ」は 草履 だと思いますが・・・


「下駄」を 履いて・・・って ことで 

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。