huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

おもちゃ博

「なつかしのキャラクター おもちゃ博」



4月29日~9月30日 

10:00~18:00 

大人300円 小人100円

宇和島市 新町 きさいやロード内 もーにほーる

三越宇和島店跡


行ってきたよぉ~


おもちゃ博


セレンの あいたかったのは ラー族 モスラー ゴジラ キングドラー 


おもちゃ博


ゴジラは、今の原発問題が背景にあり考えさせられますよね



おもちゃ博


ガッチャマンは あまり 観なかったのですけど・・・今は 毎朝「ZIP」で 楽しませてもらってます

どちらかとえいば 「ウルトラマン」や

おもちゃ博

「宇宙戦艦ヤマト」


おもちゃ博

「マジンガーゼット」を観てまして・・・懐かしいな~


おもちゃ博


この 横に 高さ1.5mで 世界に1体しかない 鉄人28号や 超レア物のウルトラマン


等身大のアトム リボンの騎士など・・・・


そして もちろん 仮面ライダー


藤岡 弘 さんに 逢えたらいのにな~~なんて思いながら


結構楽しめました


そうそう、アニメといえば セレンは最近「ぺりーヌ物語」を 録画して観てましたよ。


学生時代 結構好きでしたが 最終回を見逃してしまってたので。


 



「ペリーヌ物語」の大雑把な あらすじ 

ぺりーヌは父を亡くし母と一緒に祖父を頼り旅に出るが、やがて 母も旅の途中病で亡くなる。

祖父は息子を奪ったぺりーヌの母を憎んでいると知り 孫だということを隠してマルクール1の繊維工場を経営している 祖父(おじいさん)の工場へ様子を観るために工女として 働く。

やがて、小屋で全て衣類、釣竿を全て手作りし自給自足しながらも一生懸命人に尽くしていると認められ、
 
視力を失っていた おじいさんに会うこになり 秘書として同居することになる。

一方、おじいさんは 息子が生きていると信じて消息を探していたが亡くなったと聞き、生きる気力をなくくしていたが、孫がいたのを思い出し探しだしたところ、傍にいた好きなぺりーヌだと解る。

孫を観たいと 失明をするかもしれないという 手術にも成功し視力を取り戻す。

目が見えると同時に 工員が働きやすい環境の設備を 整えようとする。


ま~~~こんな 感じ


旅で知り合った サーカス団と少年が逢いに来ますが

「ぺりーヌは今 とっても幸せに暮らせているかい?」

と たずねると、「ええ~とっても 幸せよ」と 答えます。

最後には 工場が見渡せる丘に立ち

「マルクールを フランスで 一番豊かで 住み良いところにする」と おじいさんとぺりーヌの台詞。

ぺりーヌは母が好きだったダンスをおじいさんに教えながら おじいさんは杖なしで 孫のぺりーヌと一緒に ダンスをする。

「おまえの お母さんは すばらしい お母さんだった」と おじいさん。

「おとうさんとお母さんに 幸せだと 報告できるなんて幸せだわ。おとおさ~~ん おかあさ~~ん 幸せよ~」

と・・・・亡くなっている両親へ 叫ぶ。


最後に ナレーターが

「皆さんも 自分の事だけでなく 人の幸せを同時に考えることが出来る人になってくださいね。」


ぺりーヌ物語には 自立とは何か 本当の強さとは何か 自分が強くならなくては 愛する人を幸せにできないし 自分も幸せにはなれないという 幸せへの道へのお手本があります。


おじいさんも 他人を思いやる やさしいきもちを ぺりーヌに愛されることにより 目が見えるようになり、杖なしで 歩きだせるようになる。
つまり、自分本位だと 目が見えていても 盲目だということですね。


最後に 亡くなってしまっている両親へ 「幸せ」と 大声で言える 本物の幸せは
両親の想い、志、希望を受け継ぐというのも 永遠の命をバトンタッチしたのだと思うと
子育てというのは 命を受け継ぐということだな~って 改めて 感動したものです。  


最近は 自分本位で 無差別に人の命を絶つ事件が多くなり
なんとも 悲しみでいっぱいです。 


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。