huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

仙波渓谷&神の森大橋 (砥部焼き巡り№6)

こぶしの家で 「たらいうどん」(砥部焼き巡り№5)の「こぶしの家」のテラスから見えていた「ふれあい橋」



ふれあい橋


時代劇の撮影にピッタリなシュチュエーションですね~



紅葉時が 今から楽しみです。




ふれあい橋



橋が紅葉したような この「神の森大橋 」と「ふれあい橋」のは ほぼ 隣接していると言ってもいい距離です。

神の森大橋



雨が降っていたので 色彩がはっきりしていて 濡れ感がいい感じです。

神の森大橋


「神の森大橋」と いうのが砥部焼ですね

ここから 林道に入ることが出来ますが・・・雨なので また 夏にマイナスイオンを浴びに来たいと思います

神の森大橋


近代木造車道橋の発祥地


「神の森大橋」は20トンの自動車荷重に耐えれるように設計された1等橋で、わが国で最初の本格的な木造による車道橋で、安全性を高めるためにアーチ部材を箱型断面にしたり屋根をつけて雨水による木材の腐食を防ぐ構造上の工夫が随所に見られるということらしい・・・


ということは あの・・・ 黒っぽく濡れているところは 屋根なのか


神の森大橋

「ほたるの里」ということは

この 朱色の橋や 川面を ホタルが乱舞するのを 観れるということでしょう


神の森大橋


「神の森大橋」から379号線を松山方面へ3分程で 


仙波ヶ嶽にある仙波渓谷へ 



トンネル手前で 


(砥部町から内子町へ通じる国道379号に接している景勝地で、上尾峠から約5キロメートル地点にあり、すぐ上流には、猿谷橋が架かっています。)





仙波渓谷


「仙波渓谷」と 見落としそうな 印がありました 


3月は 誰も 観に来ないのかもねぇ~~~


川へ降りていく階段も 苔が生えている上に 雨が降っていたので 手すりを持ちながら気をつけて降りました


仙波渓谷


仙波ヶ嶽は「えひめ森林浴八十八ヵ所」や「伊予十二景」に選出されているんだとか




仙波渓谷

ふ==む なんとなく 岩肌が天狗の羽根に見えてきました

仙波渓谷

ここで 断念 


仙波渓谷


やはり 見頃は 夏か秋ですねぇ~~~ 

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。