huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

参道への抜け道(江の島浪漫コース№7)

独り旅に出て自分探しをするなんて ありえない、相手がいるから 違いが解り 自分が見えてくるということを 思い出してます。


ま~結婚をしてみて お互い理解不可能な面を指摘しながら 子供を産んで家族を作ったり
労働し社会に身を置き貢献しているのか否かと 切磋琢磨をすしていると自分が見えてくるんだな~っ
人生とは 自分とはどういう人間なのかと 問い続けるものかもしれません。


さて・・・



海鮮料理 江の島亭(江の島浪漫コース№6)で 一番最後のお客になってしまった セレンでしたが・・・・


富士山が望めるヴェランダも 独り占め 


パートナーがいれば  ロマンチック×2 な 絶景だったかも  


江の島亭を出て 階段を下り(映画『男はつらいよ』ロケ地としても有名らしい)


中村屋羊羹店前の


参道への抜け道<さんどうへのぬけみち> へ 


緩やかな下り坂で エスカーを 三度も乗り継いだのがウソみたいに


江の島


対岸の湘南海岸公園、鵠沼の夜景を望みながら 島の西側を通る朱色の鳥居へ7分程で着きます



江の島



行きは辛いが 帰りは 良い々



お腹がいっぱいなので レストラン&バー「アイランドグリル」のバーで 余韻に浸って みたいかとも思ったけれど



いつもは 独りでバーなんて 平気なのですが(すでに 独りでバ~~バ~~~ですが



なんとなく カップルだけ見ていると 侘びしい 



江の島


この時点で18時半


横浜10時発の夜行バスに乗ればいいのだから ハーバープロムナードコースへ 行けない事もないが


夜の海は どうかと・・・


諦めた



江の島巡りは 午前中から スタートしないと 全制覇は 出来ませんねぇ~ 



入場料無料で ここまで 楽しめるアイランドはいい 



相手から楽しみを与えられるのじゃなく



自ら 体験型で楽しみを見出せるのでよかった



フレンドやパートナー 違うジャンルの趣味でも歩きながら自然に会話が弾む場所ですね 



1月1日から31日まで 江ノ島ウィンターチューリップ2万本 が 観れるというのだから 


チューリップの花言葉は トータル的に 「愛」だそうです。


赤 愛の告白・愛の宣告・美しい瞳

白 新しい恋・失われた愛・失恋

黄 名声・正直・実らない恋・望みのない恋

紫 不滅の愛・永遠の愛・私は愛に燃える

緑 美しい瞳

桃 恋する年頃・愛の芽生え・誠実な愛

斑入り 疑惑の愛



色によって違うので

気をつけましょう 

横浜までは 片瀬江ノ島駅から竜宮城から帰る気分で・・・


その 近くのPICO 江ノ島店 (ピコ)で「生しらすピザ」を 食べる予定だってけれど お腹に隙間がない 



新江ノ島水族館に 立ち寄ってみようかと 思ったけれど


歩き疲れて 足がパンパン 


島根県立しまね海洋館アクアスへ つい最近行ってきたばかりだったので 気持ちが イマイチ乗れなかった 


片瀬江ノ島駅



片瀬江ノ島駅への 道中 橋の上に 黒い日焼けしような 女体がねじれた様の彫刻があり 

それを中心にドーム型の柱で囲まれています。

まるで 竜宮城の中の乙姫様観たいかも 


片瀬江ノ島駅

江ノ島はパワースポット巡りだったと 後で気がついたのですが・・・


片瀬江ノ島駅



今年(2011年)は



出雲大社厳島神社>と 超パワースポット巡りをしていたんだなぁ~って 



お祈りが 不真面目だったためか



宝くじは見事に(2011年末 ジャンボ宝くじは)外れました 



ま~ 竜宮城から出た 浦島太郎は おじぃ~さんになったのだから
 


助けたと(お参りしたから)見返りを 求めるというのは story 通りかな 



今年2012年は マメに暮らそうっと 

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。