huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

七夕から 梅雨明け?

七夕になると いつも 母が祖母から教わったという 短冊の書き方を思い出す。


「里芋の中心に集まった朝露で 墨をすって 短冊に願い事を書いたものよ」と ・・・


里芋の露をとりに出かけて 墨をする音や臭いをかぎながら何をお願いしょうかと


静かな朝を過すという自然と一緒になる風流な時間。


母は実母と一緒に過した 素敵な心の宝、思い出なのでしょう。


嬉しそうに話してったっけぇ~


と 七夕の翌朝のゴーヤの朝露を観て思い出していた。


母の嬉しそうな思い出は娘の思い出になったりします 


葉脈 



葉脈が まるで川のようです。


河の流れのように・・・


思い出も さまざまな ところから 集約して受け継がれていくんですよね。


葉脈



葉が 太陽に向かって 一枚々が 精一杯 光の恵みを受けようと


どれ一つとして 重なりを最小限にして 方向も広さも同じものがない 


もうすぐ きゅうりの花も咲くかな 


ビートルズ


エンサウンド スピーカーで懐かしい 学生時代の ビートルズのLPレコード 聴いてます 


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-08-09(Tue)14:33 [編集]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。