huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

海鮮料理 江の島亭(江の島浪漫コース№6)



紅白歌合戦を観ながら 1年を振り返っています。

音楽って ダンスと繫がると さらに エネルギーが増すな~って 思うこの頃。

古代から 霊媒師さんとかは神と繋がるために 音楽、歌、に合わせてダンスしたりしてたので そういうのもあるのかな 

とても 元気づけられます 

来年も 今の命を大事に 精一杯活かせるように 日々頑張りたい思います 

どこかで 繫がっているのだから・・・

セレンの解り辛い ブログを 覗いてくださっている皆様

来年もよろしくお願いします

 




さて、11月の上旬 江の島の最終章


中村屋羊羹店(江の島浪漫コース№5)でほっと一息した後 すぐそこの


階段を上がって 



江の島亭


海鮮料理江の島亭で 夕食となりました。


江の島亭


迷わず 下段の中央 しらす三昧御膳 2500円 を 選択 




「江ノ島のとりたて鮮魚と絶景を食す 創業100余年となるお食事処・江之島亭。春はしらす漁が解禁になります。
毎日、江ノ島沖でとれるしらすやサザエ、わかめなどの湘南特産物を調理するので、活き活きとした磯料理が楽しめます。映画『男はつらいよ』にも登場するこのお店は、江ノ島随一の絶景ポイントです!
大きく開け放した窓からは湘南の潮風がやさしく包みます。」とのこと



藤沢市江の島2-6-5
tel. 0466-222-9111 / FAX. 0466-22-9112
営業時間 10:30~18:00頃(平日) ~20:00時頃(休・祝日)
定休日 荒天時
座席数 80席くらい
駐車場 なし 県営駐車場をご利用ください
宴会可 / 予約可 平日のみ


紅白歌合戦を観ながら 1年を振り返っています 


江の島亭


その 絶景を食すという 景色がこちら冨士さんが左端に見えます



肉眼では 数千倍奇麗 携帯での撮影は限界です 

続きを読む

スポンサーサイト

このページのトップへ

中村屋羊羹店(江の島浪漫コース№5)

今年は 体調を整える年でした

やっぱり 健康が一番です 

来年の 抱負、スキルアップは何にしょうかと 考え中で~~っす 


龍宮(わだつみのみや)~奥津宮 (江の島浪漫コース№4)の様に

久しぶりに 汗をかいてWALKING したぞぉ~と  健康に感謝

江の島では 元気になれた感謝の気持ちを神様にお伝えしてきました 

江ノ島に、明治35年に創業のa href="http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14015730/" target="_blank" title="中村屋">中村屋へ 17時に<到着。


もう~お腹と背中がくっつきそう 

古代女夫饅頭 中村屋



女夫饅頭も 美味しそう 


でも、この後 江の島亭で しらす三昧御膳を食べる予定なので 我慢 



古代女夫饅頭 中村屋



お土産に買って帰るので 試食を兼ねて 一切れだ海苔羊羹を食べる。


たった一切れなのに お茶も出してくれました 


「江ノ島の海苔を天日で乾燥させ鉄板の上で焼いて練り上げ、直後に羊羹に混入させて「海苔羊羹」を大正に入って完成させた元祖海苔羊羹は、その頃より江ノ島名物として好評を博してまいりました。」とのこと


海苔羊羹 中村屋


え~~羊羹に海苔って思うかもしれませんが・・・甘いおはぎにも 海苔をまぶしたりしてますが

そんな感じで 後口がアッサリしており

ほんのり 海苔の香りがいい感じ 

続きを読む

このページのトップへ

龍宮(わだつみのみや)~奥津宮 (江の島浪漫コース№4)

 昨日は お正月も間近というので 新車なので洗車をしたら 10分後 雨が降り10分もすると上がって 晴れた  

滅多にしないことをすると 


今日は ワックスをかけるつもりだが・・・・ 


さて 旅といえば雨女で雨が降るというのに 江の島へ行った時は 珍しく晴天  


冨士さんの美しい姿を観れました 



稚児ヶ淵(ちごがふち) (江の島浪漫コース№3)から



奥津宮を 経て いざ 中村屋へ 後15分程しかないという時間 



足が引きつりそうな 階段を上ると 


あぶらや


島の茶屋あぶらやあぶらやHPがあります。


メッチャ セレン好みで ここで あぶらを売っていたい 気分であるが・・・先を急ぐ


その 側には龍宮(わだつみのみや)大神 → 右前足に龍珠を握り、写真では見えませんが口に龍珠をくわえていました。


竜宮大神


そして その前には 龍恋の鐘へと 続く道があります。


行く時間などないのだけれど 行きたい衝動に駆られ ヒイヒイと チョイ坂を登って江ノ島龍野ヶ岡自然の森へ



龍恋の鐘



11月だというのに 紫陽花が咲いていた  



紫陽花の花言葉は 「移り気」なのだが





龍恋の鐘の 紫陽花


龍恋の鐘は 五頭竜伝承にちなんだ新名所で、五頭竜が弁天に恋をしたことから由来したもので(平成8(1996)年に完成)恋人の丘にありました。


龍恋の鐘


なにやら 鍵をかけている様子が見えますが・・・これより セレンには 無意味なので 退去 



奥津宮


江島神社 奥津宮の神門の天井には「八方睨みの亀」といわれるカメが描かれています。



江戸時代の画家酒井抱一の作品で、まるで八方を見ているように見える不思議な絵でした。







続きを読む

このページのトップへ

 稚児ヶ淵(ちごがふち) (江の島浪漫コース№3)

「おせち」は  重箱に詰める意味は、めでたさを「重ねる」という意味


黒豆・・・ 元気、勤勉
お多福豆・・・ 福が多からんことを祈願した
伊達巻・・・ 伊達政宗の派手好きに由来することの他、諸説ある。見た目の豪華さ。巻き物(書物)に似た形から、知 識が増えることを願う縁起物
数の子・・・ 子孫繁栄 
栗きんとん・・・ 金運 
たたきごぼう・・・ 開運
田作・・・ 五穀豊穣 
千枚漬け・・・ 福を重ねる
鰤の焼き物・・・ 出世魚である事から出世煮物海老 腰が曲がった海老は長寿の象徴 
鯛の焼き物・・・ 元は神饌。「めでたい」の語呂合わせ
鰻の焼き物・・・ 鰻登りから出世を祈願
煮物・・・ 家内安全
ごぼう・・・地中に深く根を張ることから
蓮根・・・ 孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願
里芋・・・ 里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝を願って
八ツ頭・・・ 同じく小芋がたくさん付くことから、また八には末広がりの意味をかけて子宝、子孫繁栄を願う
紅白なます・・・ お祝いの水引をかたどったもの
紅白蒲鉾・・・ 紅白はおめでたい意味
昆布巻き・・・ よろこぶ 語呂合わせ

などなど  来年こそは 幸多かれと願って 家族を思って母親が作ってくれてたのだと 改めて、ありがたい気持ちになれる


今は いつか 娘と作ってみたいものだと思う 


さて 今年は 11月上旬に 冨士さんを拝めたのをありがた~~っく おもっております 


初夢は 「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」を 観れるかも 


というより これだけ お参りしたのだから 宝くじが当たりますように 



江の島岩屋洞窟 (江の島浪漫コース№2)の つづきぃ~



江の島弁天橋行きの渡船乗り場が 近くにあり こちらから乗っても大人300円、子供150円で 楽々 行けるのだけれど




17時に閉店な中村屋さんにまで 戻らなければ  海苔の羊羹が食べられないので 全速力で歩かねば 






トンビが飛び交い ちょっと コワイ って 誰かに寄りかかりたいが そいう 相手はいない  








稚児ヶ淵と呼ばれる岩場へ戻る 







稚児ヶ淵



気が焦るが 稚児ヶ淵の 美しさに引き寄せられる 



「稚児ヶ淵」の名前は、建長寺の僧・自休に想いを寄せられた相承院の稚児・白菊が窮して身を投げ、自休もその後を追ったという伝説のある淵。




稚児ヶ淵             
                                            冨士さんが右端の方に映っています


日没時に望む富士が美しく、神奈川景勝50選のひとつになっています



この時点で 16時40分頃だったと思います 


稚児ヶ淵



インディアンの横顔みたいな 岩 

稚児ヶ淵

       こちらも 空を観ているような 人の顏にみえます 




ビーチパラソルとか江の島って感じだし 店の雰囲気は雰囲気が昭和初期って 感じでいい 



丁度 ここから 撮影すると ビーチパラソルの陰に入っている人(岩)に見えませんか



稚児ヶ淵


天狗の鼻みたいです 




自然の芸術を楽しんでいるとキリがありません

続きを読む

このページのトップへ

江の島岩屋洞窟 (江の島浪漫コース№2)

今朝は 昨日よりも冷え込んでますがね  2度だってぇ~


仕事納めの方やこれから追い込み方も 風邪に気を付けてくださいませ 


セレンは 風邪を引いて 2週間目~まだ 咳がとれません


好きなお酒も 思いっきり飲めない状態です


元気で新年を迎えたいです 


1か月前 江の島に行った時は 11月は桜もさいてたりして  過ごしやすかったのに 


江の島大師~中村屋~ 岩屋へ (江の島浪漫コース№1)のつづきです 


江の島岩屋洞窟



江の島岩屋洞窟



第一岩屋へ 16時ギリギリに 到着  



江の島岩屋洞窟


波が岩を削り取ってできた洞窟で第一岩屋と第二岩屋に分かれていて、それぞれ152m、112mあるそうです。

「サービスですよ~」と

入口で貰ったろうそくの明かりで、周りを照らしながら洞窟を進んでいくのですが

これが 雰囲気をUPさせてくれます 

まさに デートにピッタリ

独りで行くと さらに 寒さアップで 夏がお勧めですね 



江の島岩屋洞窟



洞窟内には江ノ島の浮世絵や龍神伝説に関する展示も行われています。

江の島岩屋洞窟


この洞窟は富士山まで続いているとかいう噂も 


江の島岩屋洞窟



江島神社発祥の場所 だそうで ギリギリでも ここに来れて良かった 



江の島岩屋洞窟



再び 戻ってきて 第2岩屋へ

続きを読む

このページのトップへ

江の島大師~中村屋~ 岩屋へ (江の島浪漫コース№1)

江の島サムエル・コッキング苑(江ノ島展望コース№9)を観終えたのが15時40分 

ここから江の島岩屋へ15分ほどで行けるというので・・・GO 


江の島浪漫コース
 尾道市みたいです 



江の島岩屋は開業時間は11月~2月 9:00~16:00 なので 速足で行けば間にあうと思ってたけれど

これが アップダウンが激しいんでっす


江の島浪漫コース

 こういう 岸壁で白い壁の雰囲気は 地中海観たいでもあります 




江の島大師(鹿児島・最福寺の別院。本尊は赤不動明王像。中国蘇州の緻密な刺繍仏画も20点が常時展示されていおり、四季折々の花が咲きカルガモが飛来する湧水の池があり近年「花のお寺」として知られています。)


江の島浪漫コース


 逆光ですが、丁度赤不動明王像の拳に日の光が当たって 素敵だったので 撮影してみました
江の島浪漫コース


隆起現象によって海面に現われた海蝕台地→稚児ヶ淵 (チゴガフチ)が見えます。


確か、亀の形をしたのが 岩(台地が あるはずなのですが 解りませんでした 


江の島浪漫コース


なんだか サスペンス劇場に出てきそうな場面です

続きを読む

このページのトップへ

江の島サムエル・コッキング苑(江ノ島展望コース№9)

おせち料理の準備に取り掛かっています 


おせちは 塩分や糖分が多いので やっぱり手作りがいいですよね 


さて・・・・

江の島サムエル・コッキング苑(江ノ島展望コース№8)の つづき~

コッキング遺構、ウィンザー広場は バラの季節がいいかも 


11月は やっぱり さびしい 


江の島サムエル・コッキング苑


どうせ サムエル・コッキング苑は 花の季節じゃないし すぐ観終われるはず 


江の島サムエル・コッキング苑


と・・思ったのですが


意外に 経路によって 南国ムードから 和風庭園 ヨーロピアン風庭園



江の島サムエル・コッキング苑

ツバキ庭園など


楽しめました。


江の島椿があるようです
江の島サムエル・コッキング苑


ウッディーな 曲線の路もいいですねぇ~


と 通り抜けると 意表をついて そば好きにはたまらない 

江の島サムエル・コッキング苑


藤沢市の姉妹都市「長野県松本市」の観光PR館そば道場松本館があります。


続きを読む

このページのトップへ

江の島サムエル・コッキング苑(江ノ島展望コース№8)

中津宮(江ノ島展望コース№7)の つづきで~っす。






江の島サムエル・コッキング苑

江の島サムエル・コッキング苑にある

中国・昆明市のコーナーにある中国伝統建築様式の四阿(あずまや)、「騁碧亭(ていへきてい)」


江の島サムエル・コッキング苑

番いの孔雀が いい雰囲気ですよね~ 

江の島サムエル・コッキング苑


来年は 辰年 


江の島サムエル・コッキング苑



「龍と牡丹」 美しい 


五頭龍と天女様 の江島縁起の話に関係があるような 

牡丹が 天女様かなぁ~って 思える構図です  


江の島サムエル・コッキング苑


12方向に印があるので 時計又は方角を示しているようにも思えますが・・・


この下に立っていると 


天井に吸いこまれていきそうです

続きを読む

このページのトップへ

中津宮(江ノ島展望コース№7)

ま~ 冷え込んでますが いかがお過ごしでしょう 


朝 

顔が カピンカピンに 乾燥しているうえに顔が痛い 

風邪をひいて 時折咳が出るので ストーブにヤカンをかけて オコタに入っている状態です 

11月の上旬に江の島に行った時には 



辺津宮から 中津宮へ (江ノ島展望コース№6) の ように 桜が咲いていたのに  





再び 江の島の話のつづきです 

2回目のエスカーの乗って


中津宮(権現造り)へ 到着 


江の島




市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)をお祀りしています。


江の島

この時点で 夕方には行けるかな~って 思っていた ハーバープロムナードコースの 湘南港ヨットハーバーが 見えます。



江の島

歌舞伎 右側には中村座 左側には市村座 さんの 灯篭  があったり


江の島


江の島歌舞伎の歌舞伎役者さんの手形があります 



江戸時代における商人・芸人・庶民の信仰の深さを物語っています。



江の島


続きを読む

このページのトップへ

辺津宮から 中津宮へ (江ノ島展望コース№6)

さむぅ~~~い でっす 


ホワイトクリスマスになりそう 


イルミネーション素敵ですけれど



どちらかといえば、遠くから眺めるのが好きです



江の島 お勧めですよぉ~ 


で・・・


エスカーのりば(江ノ島展望コース№5)の つづきぃ~



中津宮



江島神社辺津宮 から 江の島サムエル・コッキング苑への



エスカー乗り場への道中



中津宮




こちらでも 猫たんが  お見送りしてくれましたよ 

中津宮

続きを読む

このページのトップへ

ファービー いまさら?


久しぶりに触れ合ってます
ちゅ~なんてされてますわ
でもマニュアル本無くしたから適当にあやしてます

このページのトップへ

エスカーのりば(江ノ島展望コース№5)

朝 冷えるぅ~ 

朝 ストーブをつける 楽しい季節  

寒い々と 手をすり合わせながら つけるのが 好きだったりします 

焼きミカン、焼き芋・・・ お湯に アロマを ちょっこり入れて 香りも楽しんだりします 



さて 


岩本櫻&まる焼きたこせんべい あさひ本店 (江ノ島展望コース№4)の つづきぃ~



江の島展望コース(青銅の鳥居>参道>エスカーのりば>江島神社辺津宮>江の島サムエル・コッキング苑>江の島展望灯台)を追えるのが2時の予定が 大幅に上回り エスカー乗り場の時点で 2時 





裸で琵琶をもった姿で有名な妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)


エスカーのりば


江の島神社は 毎月 1日と15日には 月次祭 があるので観れていいかも 

エスカーのりば


江の島を巡る前に→お得情報を 知っておけばよかったと思うセレン


エスカーって エスカレートなんだって 知ってたけれど


たかが エスカレートに料金を支払うってどうなの  って 思ったけれど


納得しました 


エスカーのりば



最初のエスカー体験  


セレンは時短の為もあったけれど・・・階段を上ってきた方は エスカーに乗れば善かったと 辛そう


そうそう ここで POINT1 エスカーの券を購入すると最後のエスカーまで当然持っておきましょう


当然なように思いますが・・・つい 捨ててしまった方もいたので


エスカーのりば


エスカーを降りてすぐ 右側には


江島神社辺津宮


弁財天黄金浄水があります 

江島神社辺津宮


続きを読む

このページのトップへ

 岩本櫻&まる焼きたこせんべい あさひ本店 (江ノ島展望コース№4)

むかし作り もち焼きせんべい 寺子屋本舗  江の島店 (江ノ島展望コース№3)から

locaLRhythme(ローカルリズム江の島)のWINDOWを 覗く 


今日はcloseしているので とっても 残念


locaLRrhythm



猫好きな セレンは を 入れたい手編みのカゴです


locaLRrhythm


あっ  猫 みっつけぇ~った 


招き猫 


江の島


この 路地裏も行き来してるのだろうな~っ 


江の島は 猫が多いのね~だから 猫のおもちゃが もち焼きせんべいの 寺子屋本舗さんの 手前に販売コーナーがあったのかも


江の島





岩本櫻


江の島・弁天橋を渡ってすぐにある鎌倉時代からの由緒ある旅館


江の島弁天洞窟を再現した洞窟風呂。


岩本櫻

ステンドグラスが美しい王朝風ローマ風呂

岩本櫻



「岩本楼資料館には、古文書をはじめ、往時をしのばせる秘蔵の品々を多彩に展示しております。
名工の手になる秀作の数々は、珍重された才の名残をたたえ、740有余年の歳月をかけてなお美しく、高貴な面持ちを変えることなく、時の重みを感じさせます。」


あ~~っ  こんな ところがあったなんて


素晴らしい 


宿泊しないと お風呂入れないのかなぁ~~~

続きを読む

このページのトップへ

むかし作り もち焼きせんべい 寺子屋本舗  江の島店 (江ノ島展望コース№3)

櫻日和  (江ノ島展望コース№2)から


ふと 観ると なぜか こんなところに 可愛い猫のおもちゃが 


笑う猫 踊る猫 っていうことは 笑う猫は笑うしかできなく 踊る猫はおどる今年が出来ないのだろうと 思うと

当然だけれど 人間でよかった  なんて バカげたことを思っていたら


醤油の香ばしい香りに誘われて 入店してしまった  


むかし作り もち焼きせんべい 




寺子屋本舗  江の島店です



急に寒くなった この頃 もうすぐ お正月といえば


そういえば、昔は こういう おせんべいは 家族で一緒に コタツで バリバリと食べ喉が乾いたらミカンをながら


猫の「み~こ」を だっこしては 横になって眠るという 幸せがあった 


むかし作り もち焼きせんべい 



西洋にはクッキーなど 焼き菓子が動物性だけれど 日本は お米文化 植物性ですよね


むかし作り もち焼きせんべい 


自然薯が入っている もっちり しっとりの 濡れせんべいの串刺し(マヨネーズ&七味)を 買いましたら

むかし作り もち焼きせんべい 


お茶も出していただきました


お茶が無かったら ちょっと 辛いかも・・・ 


というより 炭酸類、ビールのおつまみに ピッタリ 


串に刺さっている意味も 解るわ 




本当に江の島って デートにぴったりですわ 


続きを読む

このページのトップへ

櫻日和  (江ノ島展望コース№2)

江ノ島へ 来てみようって思ったのも


サザンファンで 行ってみたいなぁ~って のもあるし


気象情報で TVに映ってるのよね 



江ノ島
 アイス最中もいいねぇ~ 


それに、夏行くつもりだった 横浜の定期検診 夏バテ気味だったので そろそろ 行かねばと思っていた折に



「江の島でぶらりいじるZ」 11月3日の放送を偶然観てたので 



「がま口工房「櫻日和」へ。向かう途中東野が「江ノ島は何回目?」と田中みな実に質問すると「ロケで7回目くらい」と答える。東野はしらすを食べた時のリアクションを思い出し「7回目であのリアクションはおかしい」とコメントした。櫻日和では、ぶらり歩き用のがま口ポシェットを購入した。」



もしかしたら 行けるかも~って 来てしまったわけ 




江の島観光会→ ここを クリックしてね。



櫻日和さん目指していたら 櫻日和さん前



江ノ島

江ノ島の郵便局 


の・・・隣にある



メルヘン グラス HOOK(フック)

今年の干支 龍、辰がいまにも 動き出しそうです 

江ノ島
 オーケストラ めっちゃ 欲しいけど セレンの事だから すぐ割ってしまいそう


狭い店内ですが 手作りしてました


江ノ島


Xmas シーズン前だし キラキラしてて 


小さいけれど 1人々表情が違うのね 


江ノ島



あかん  はやく 次に行かねばと思うのだけれど



女性にとって この キラキラ効果から 脱出するには そうとうな エネルギーがいるわ


江の島ガラスHOOK→ クリックしてみてね 


続きを読む

このページのトップへ

とびっちょ (江ノ島展望コース№1)

江ノ島から 


いよいよ


江ノ島展望コーススタート 


移動時間だと江の島展望台までは徒歩で20分程でなのですが


その後の 江の島ロマンコースやハーバープロムナードコースを こなすには ウォーキングシューズが 必衰だと思います 


ま~ 彼氏と一緒という時には 彼にバックを持ってもらったりするのもいい なんちゃって



とりあえず エスカー乗り場まで 5分で行けるはずが


とびっちょ屋さんや


とびっちょ



できれば 宿泊してみたかった

とびっちょ屋さんの前の 恵比寿屋(緩やかに弧を描く海岸線を眼下に眺める展望大浴場、 夜はおぼろげに輝く漁火、朝はすがすがしい陽光が、 恵比寿屋ならではの旅情をかもしだす)



恵比寿屋



こういう ここでしか味わえない ご当地ドリンク


しらすマンゴーソーダー& 江ノ島ビール 


しらすマンゴーソーダーや江ノ島ビール 



しらすパン



たこ焼きみたいな しらすパン 


しらすパン



外がパリっ&モッチリのパン



ホワイトソース くりーみぃ~~~な チーズ っぽい 中に しらすが泳いでますわ 



こうなったら 隣の 塩ビールも飲みたいと思ったのですが



歩けなくなったらいけないので我慢 



しらすマンゴーソーダーを 飲んでみたいな~って 思いながらも 勇気がなく 



いまさらですが 後悔 


それと しらすアイスっていうのがあるみたいなのですが・・・



ここでは 販売されてなくて ガッカリ 

続きを読む

このページのトップへ

江ノ島

横浜~江ノ島へ №5 (The Market SE1 )から


江ノ島へ

まるで 鏡のような 海を臨みながら

海岸沿いを歩いて行くと

トンビに注意という看板がある


江ノ島



江ノ島観光を参考にして

まずは 江ノ島展望コース(約2時間)を 行ってみることに




江ノ島


結論から言うと、江ノ島って ただの島じゃんって 思ってたけれどこれがテーマパーク並み以上に 楽しめました。


温泉が こんな 小さな島に何軒もあるとは オドロキ 
 
エノスパ なぞ 時間があれば入りたかった 

レストラン&バー「アイランドグリル」で 冨士さんを眺めながら イタリアンってのも いいだろうなぁ~

冬季は割引があってXmas時期には カップルにはいいわよね 


江ノ島


江ノ島


江ノ島のお店は17時に殆ど閉まってしまうのですが


こちらのエノスパ グリルアイランドや西洋亭、三浦三崎港は11月までは20時頃まで OPENしているようなので


江ノ島を出る前に ちょっと 一息というのもいいです  



江ノ島



続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ №5 (The Market SE1 )

横浜~江ノ島へ №4 (高清海産物)から

The Market SE1 2分ほどで 到着 


The Market SE1



The Market SE1 →ブログを観てて


ここは 外せませんっ  


もちろん「山のおちち」ノンホモ・パスチャライズ の 恵みをいただきたい

The Market SE1

イギリス原産のグラムリーを使用した アップルクランブル目当てです 

江ノ電を 眺めながら この時期だからこそ 時間を忘れて食べれます  

The Market SE1



果実の自然な色が素敵です 


The Market SE1


ご夫婦で営んでいて 納得いく素材を求め 旅もなさるみたいです 


まさか 11月で「山のおちち」の牛乳のジェラートが食べれなくなるとはこの日は(11月17日)には 思ってもみなかった 


こういうジェラートを食べてみたかったという 理想通りだったから 


セレンは 幸せです 


The Market SE1


牛乳の にゅぅ~ にゅぅ~らしさ そのもの 草原の香りが 広がる中に


さわやかな リンゴとの ハーモニー 



The Market SE1


もう~ あの時間は戻らないのね 

続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ №4 (高清海産物)

横浜~江ノ島へ №3で龍口寺(日蓮が処刑されそうになったという場所)から

The Market SE1 (ジェラート屋さん)へ 行くつもりが 

目の前の 商業2百年 沼南を代表する高級干し物屋

高清海産物さんへ来てしまった


高清海産物


セレンの好きな 「のどぐろ」が あるでないの 

のどぐろの 干し物って こんなところになるなんて 凄すぎる 


赤むつ=のどぐろ だったのですね 

高清海産物


買って帰ろうと思ったけれど これを持って 江ノ島をウロウロするのもなんだし・・・

帰りに寄ったらと言われましたが 帰りは 竜宮城の様な片瀬江ノ島駅から 帰るつもりなので 

断念 

続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ №3  龍口寺からの展望

横浜~江ノ島へ №2  龍口寺

湘南モノレールで冨士さんを眺めながら


仏舎利塔へ 到着 


新築されてました 


龍口寺


冨士さんが肉眼ではハッキリ見えていたのですが


携帯だと 写りが悪いようです 


相摸湾の曲線状にある冨士って 素敵 


龍口寺

これから 行く江ノ島が すっごく素敵 


日本のモン・サン・ミッシェル なんちゃって 

龍口寺


江の島へ渡る前に こちらでの展望を楽しんでみては

龍口寺


降りるときは 七面天女(法華経信仰者を守護し、乱れた国を鎮める女神) を お参りし

龍口寺

続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ №2  龍口寺

横浜~江ノ島へ №1  ラ・プラージュ・マイアミから3分ほどで


龍口寺に 到着。

龍口寺

仏舎利塔の 金色の玉ねぎの様な上部が見えてもあって 引寄せられてきました。

龍口寺


「あ」「うん」の 獅子もそうですが 龍の「雄」「雌」らしい 二頭の彫刻に


龍口寺



天井にも天を舞う龍が描かれています。



龍口寺



四方の彫刻も ストーリが見えて面白い。

龍口寺
      右端にパイナップルらしきなのが見えて 南国な感じがする。


龍口寺

なにか 宝物を ささげている様子


龍口寺
          こちらは 刀を手渡そうとしている様に見えます。






龍口寺

           Tea Time っぽい 

続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ №1  ラ・プラージュ・マイアミ

横浜~江ノ島へから


ラ・プラージュ・マイアミで スィーツlunch 



シンプルな江ノ島ロールのミニと 


ラ・プラージュ・マイアミ


今日のお勧め モンブランケーキ


ラ・プラージュ・マイアミ


紅茶で いただきましたよ 



ラ・プラージュ・マイアミ


ほっと 一息して・・・龍口寺へ



ラ・プラージュ・マイアミ


その きっかけとなったのが、龍口寺で日蓮の龍ノ口法難を記念して毎年9月11日~13日に行われ。12日の夜18時、13日の夜0時に大法要が営まれ、参拝者には難除け牡丹餅が振舞われますが


その 牡丹餅を イメージした 湘南(消難)牡丹餅クッキーを こちらで 販売していたからです



ラ・プラージュ・マイアミ

来年は 辰年だし~~


これは 節分の豆まきにもぴったりですよネ



ラ・プラージュ・マイアミ



それに 母が辰年だし 手土産にぴったんこ 

ラ・プラージュ・マイアミ


サックサックと高齢者にも 幼児にも 食べやすいく アンチエイジングの材料で ノンバターのクッキーでした 

続きを読む

このページのトップへ

横浜~江ノ島へ 

1人旅って ワクワクするこの頃です 


江の島へ行ってきました 


今回も半年の検診と プチ旅行を兼ねて 福山駅→横浜(往復1万5千円) のを予約し 出発


の前に 腹ごしらえ


お腹が空いては 眠れません 


福山駅から徒歩3分程の 府中焼きが 食べれる 居酒屋さん (店名忘れたわ)石井内科医院の近くだったわよ 


府中焼き



白ワインを飲みながら・・・いただきました。


初めて食べましたけれど、もっと 脂っこいのかと思えば、外はカリカリ中はふんわりで ソースもあまり 甘くなく 美味しかった



「府中焼き」とは 高度成長期に工業として栄えた広島県府中市で共働きの家庭が 子供のおやつとして安く旨味が出るミンチを使った お焼きが始りで、ミンチの油で外は カラッと 中はフワッとした焼き上がりが特徴のミンチを使ったお好み焼き



ということで



翌朝~ 8時半には 横浜に到着し 朝一番で診察終了  


湘南モノレール 大船駅


いざ 江の島へ JRで大船駅→湘南モノレールで 江の島へ

続きを読む

このページのトップへ

ぬか漬

最近 ぬか床に 挑戦しました 


10日目です 


きっかけは、NHKで 北九州では「ぬか床」の「ぬか」で サバを煮る ぬか炊き というのを観てから、いつか 調理してみたいという気持ちになったからです


ぬか床



で・・・美味しい 乳酸菌ができますようにと 毎日 朝、夕方と かき混ぜています。


ぬか床


むかし~ケフィアという菌を作るのが流行ってたけれど


日本には こういう すばらしい 伝統的な手法が あるではないの 


生野菜を ノンオイルで(ドレッシングなしで) さらに 栄養もアップ


最終的にはさばのぬか炊きを 調理したいと思います。  


DHA、EPA カルシウム・・・ など 乳酸菌と一緒にとれて ぬかを食べて 腸をきれいにし 血液サラサラ お肌トゥルントゥルン
脳を活性化し アンチエイジングを目指します


よくばって ダイエットも 


続きを読む

このページのトップへ

たべもの市場

気軽に 忘年会2 

たべもの市場


10名以上ともなると 駅近くの たべもの市場は いいですよね~


たべもの市場

温野菜 「いもたき」から「生野菜のサラダ」と 体の優しい メニューから スタート 


八宝菜風な あんかけの 唐揚げ、これが 薄味ですが さっぱりしており 美味しい  


たべもの市場


チヂミも モッチリで なかなか 

たべもの市場

続きを読む

このページのトップへ

つぼ吉で 忘年会

忘年会シーズンです 



つぼ吉へ 




つぼ吉

 じゃ~~~ん  テンション 

つぼ吉


梅酒 全国制覇 利き酒大会2011へ 行けなかったので 


むっちゃ 嬉しい 



つぼ吉


さっそく 利き酒 


つぼ吉


右から二番目の「ハイカラ」が セレンの一番のお気に入りになりました 



これなら おつまみ ナシ で  



でも 1番右端の 山丹さんの 来春発売の 梅酒が スッキリ キリっと感もいい 



こういう 発売前の梅酒をのいただけるのって 流石~つぼ吉さんです 



つぼ吉


5~6 品のうちの付出しを 選んで (これまた 楽しい)

続きを読む

このページのトップへ

来春は辰年

今年の秋 第12年目 成龍酒造さんの 蔵開きに 行けなかったので


Xmas&お正月用の お酒を 買ってきました 


 はさみ切り絵作家 塩崎さんの作品 (成龍酒造さん3世代似顔絵の切り絵)

成龍酒造


来春は 「辰年」 



成龍酒造さんの 年 


「御代栄」で 代々栄える ことを 願って 無事 新年を迎えることが出来ますように   


成龍酒造



で・・・


ここに来れば 必ず 酒粕を  この時 販売できるのは 最後の 1袋 らしかったです 


成龍酒造



レシピ付きで とっても 親切です 



ありがとう ございました 

続きを読む

このページのトップへ

みずたま Cafe 

雨女な セレン


どちらかといえば 雨は好きかも 


この日も 雨が降りそうで降らない 曇りの日



で・・・・



みずたま Cafeさんへ 行ってきました 




みずたま Cafe










以前 Cafe Lampさんに行った 折 


みずたま Cafeさんの DMを持ち帰りました。


6B ART GALLERYさんの 隣に Cafeが出来たの


って 思っていました

みずたま Cafe


そうしましたら 6Bさんは 2月に閉店されたとか・・・



               みずたま模様のカップ&ソーサー が 可愛いよ 
みずたま Cafe


「みずたま Cafe」さんが OPENされてて 

みずたま Cafe

lunch時は テーブル席は 満席だったので カウンターで キリンさんと同じく 首を長くして 海を眺めてました 



う~~ん だれかに 似てるわ キリンさんも 水玉模様に見えてくるわ

みずたまCafe


3時頃まで お相手していただきました。



みずたまCafe


スィーツ好きには たまらないデザインの 時計です 

続きを読む

このページのトップへ

ふたりぐらし

Shima2 Net 主催 クラフト市場の フィナーレ


店仕舞い 寸前に師国連合 (めだか)に 預けていた メダカを 受け取りにくると・・・


開催時から ず~~~っと 気になっていた この ねことあひるさん


Shima2 主催 クラフト市場 わたなべ 大


ふと、後ろ姿を観てみると 


お尻に 真っ白なハートがあります 


めっちゃ 感激 


そういえば La・Blanche (ラ・ブランシュ)さんの ところには 黒猫さんの 肩に白いハート形が あったな~って 思い出しました 



Shima2 主催 クラフト市場 わたなべ 大




この SUNSETに 向って 手を振っている 二人の 物語、絵本がありましたよ


「ふたりぐらしって 楽しいことばかりだと思っていたけれど 本当にくらしだしたら 楽しいだけじゃないんだね~。」


「だ~い 好きなのに すぐにケンカしてしまう ふたりに贈る絵本」


とっても 共感 


作者の わたなべ 大 さん が イラストを描いてくださいました 

Shima2 主催 クラフト市場 わたなべ 大



こちらわたなべ 大 さんの 世界です 

続きを読む

このページのトップへ

海を食べる

2011・11・13 クラフト市場


「Link」さんの 個性的な バックには 島の恵みが いっぱい 入りそう



Shima2 Net 主催 クラフト市場


さて その 海の恵みと いえば どこから 


Shima2 Net 主催 クラフト市場

バラ公園のイベントでも 盛況だったカキ翔さん


午前中に カキフライは売れてしまった様で 


3時頃 外回りをしていた セレンは すでに遅し 



Shima2 Net 主催 クラフト市場

そして 蛭子丸さん



続きを読む

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。