huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

浴衣の反物で スカートを作ってみました。

お義母さんの 着物の反物・・・


おそらく・・・・浴衣の反物だと思うのだけれど


最近ストライプ柄が流行っているので


ギャザースカートに変身させてみました。



生まれて初めて


なんとなく パターンもなく


10時間ほどで 一日かけて 夢中で縫い上げました



続きを読む

スポンサーサイト

このページのトップへ

今治大丸 閉店セールにて・・・。

今年で今治大丸閉店

商品券が 1万2千円 あるし

20日はミーティングがあるので、店セールへ行くことに

なにか 欲しいものでもあるか 行ってみましょう  


ありました 
LE CREUSET の ホワイトのハート 2500円の30パーセント引き

前から 欲しかったの。

早速翌日21日 使って撮影してみました。

セレンガ作ったYUANの紅茶入りクッキーが 入ってるのは

セレンの教え子のクリスマスピアノ発表会に 「おめでとう」とプレゼントをする為と

大丸に古布 着物 創作小物リメイク品 アンティーク雑貨を出店している工房「結」 さんに 休む暇もないと思い 「ごくろうさま」 という 気持ちをこめて。




YUANの紅茶クッキー & LE CREUSET
YUANの紅茶クッキー & LE CREUSET



この 紫のボレロとスカート

そして 赤いベルベットのミニバック (中央にパールがついてます)が

「結」さんのところ大丸7階で 買い求めたものです。


で・・・・

最初に 20日に買ったものが スカートと ミニバックでした。


今年は紫が流行ですが シックな色合いもなく

質も悪くて 良い生地になると 数万円もしますが・・・


もう~感動もので 1万しません 

本当は お値段は言いたくありません

「値段ではないのよ 心なのよ」という 「結」さんが 好きだからです。

「これは ボレロもあるのだけれど 気に入らないから 出店してないの」

「え~~~ 着てみたいわ」

「明日21日 相方さんの 飲み会の送迎があるので また 大丸に寄りますから 見せてね」

ふと 横を見ると 隠れるように ミニバックが・・・

一目ぼれです。

昭和初期でしょうか?

きっと 七五三の時 可愛らしい少女が 写真を写すためとか お出かけに使ってたのでしょう。

大事に 大事に してたのね。

ご両親との思い出も一緒に・・・

見ているだけでも 癒されます。

それが、1500円で 良心的に 手渡してくださいました。

人を見て 澄んだ目で その人が大事にいてくれる方だけに という 「結」さんの 気持です。




なので お礼の気持ちをこめて クッキーを焼いて 行きました。

そして その ボレロも 連れて帰ってくることに


古布 (着物) de スカート & ボレロ


今は こういう 赤い ベルベットはありません。
アクセサリー、ルージュを入れてみようかと、今は友達の作ってくれたデコ手鏡が入っています。


以前買い求めた 紫ビーズのバックを並べて写してみました。


ベルベットの 小物入れ 



ボレロに会うために来たのに

惹きつけられるものが・・・

雪んこ 花束を 雪の中で抱えて だれにあげたいの?

花束

山ぶどうの手編みかご

数万円もするの

こんなの 初めてですが とても 勉強になります。


山ぶどう 手編みかご


このとき・・・

なにやら わたしを見つめる 視線が



山ぶどう 手編みかご


そう 手前に写っている 着物を着た 牛の女の子 

覚えていてね。





そういえば 数年前 振袖を着て 娘も成人式をしたっけ

振袖姿は特別

ここのは 古着で 手に入りやすい価格

でも 気品があって 最近の振袖より しっくりくる。


佐竹さんの 着付けが バッチリ 古着とおもえない センス良さ。





振袖

帯締めの結び方をしっかり 教えてくださいました。

振袖
留袖


新品の振袖、着物よりも 気安く 着やすい けれど 気品があって 

「結」さんの 布の幸せを 感じてほしいという 気持ちが伝わってきます。


さて・・・


あの 牛さん 覚えてますか?

実は セレンの娘は丑年です 

この 鈴をもった 牛娘と 目があった時 

上京して頑張っている娘と 重なりあいました

なので

この子も 連れて帰ってきました。

よく ごらんください。

続きを読む

このページのトップへ

工房 「結」

「結」へ行ってきました~
意気投合し会話が弾んで、とまりません、なんと、3時間も滞在してしまいました
一日中居たいのですが・・。
本当は、店内を撮影して帰って自慢しょうと思ったのだけれど

で・・
店内に入る前に展示されていた着物を最後にパチリ
古着物と帯なんですが。
色合わせがいいんですよね~

私は背が高いので、おはし折り?っていうんですかね?
出来ないので・・残念

そうそう。
松山の大丸に出店するお宝の大島(これは日本一織りが細かいのじゃないかしら?)
裾に絵柄がある江戸鮫小紋っていうのかな?サメ肌のような柄なの。
金糸銀糸の全通の帯。
などなど・・。
お宝を拝見。
目の保養をさせていただきました。

それから、盃を洗う 盃洗というのを初めて知りましたが。
一つの盃で酌み交わす杯は、今頃は見られませんが。
一昔は、そういうシーンがあったのだと思うと。
心が熱くなりました。
20071001124042.jpg

このページのトップへ

昔きものと古布工房 結

200709140955592
20070914095559
ありがとうございました。工房「結」さま。感謝です。
リバーシブルで渋い桜色。
絹百パーセント軽くて結び安さ抜群。
500円で良心的に譲ってくださいました。
日常に着物が着れると思います。

このページのトップへ

昔きものと古布工房 結

20070914090125

初めての出会いを求めて…)http://blogs.yahoo.co.jp/shimashima20070411 Shima2times の 大島の情報紙をお土産に、
お店を紹介してくれた日本和装の着付け教室で出会った1人にはWing-Tipの天使お土産を…
wing-tip さんの 天使 love&peace



店内は着付け教室開催日。
周囲には古布や昔きもの、骨董品が息を吹き返したように互いに寄り添ってました。
リメイク 再利用 エコ すべてがあって日本人の「もったいない」の心と、魂を込めて創作するというついこの間の昔の日本があります。

とっても和む空間です。
和の空気を装う感じがしました。

店主 高野さん作品の藍(愛)のパッチワークが印象に残ってます。

工房 結

愛媛県今治市大正町2丁目2ー6 Tビル 2F
℡ 0898-32-3066

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。