huruhuru

日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ラストone わんこ蕎麦  

水曜日に 日帰りドライブ旅
 
足立美術館を3時間堪能した後

見つけた 蕎麦屋


白椿ハウス (4)





所在島根県安来市広瀬町布部2845−1

 

元産の野菜、しいたけ、あずき、花もあります。

おいしいモチ米、地元でとれた米を原料にした山菜おこわ

香りの高いのどごしのよいそばです。

地元のそば粉を使った手打ちそば 



ここにも 足立美術館?って 思えるほどの風景が・・・・



水は清き


そこに 心清き人あり


この 地元相あふれる感じ。



白椿ハウス




ラストのわんこそば・・・・



13時半に 私達で完売。



梅干し ふるーてぃ~~


こんにゃく 山菜 手作りって感じ。


そして


そばがいい~~~んですよ。


わんこそば 10ワンいただきたい。



白椿ハウス (2)



もちろん


うどんもありますが・・・・



出雲にくれは


おそばじゃないの~


ログハウスの ストーブはいってる なかからみる


白椿ハウス (3)



大観の 櫻 屏風絵を 思い出しながら・・・




ごちそうさまでした。






スポンサーサイト

このページのトップへ

旧大社駅



石見銀山有福温泉島根県立しまね海洋館アクアス出雲大社の締めくくりは


旧大社駅です。



出雲大社を模したそうで・・・・


旧大社駅



雨が 本降りになってきても


のほほ~~ん と したくなる 建物です 


旧大社駅


駅舎内の観光案内所
駅舎内部


木製のシャンデリア?


こういうの こういう 雨の日だからこそ いい具合に照らされていいかも 

旧大社駅


プラットホームも 


こちら、特別室(車掌室らしき場所)も・・・




旧大社駅



今では 喫茶店になっている 元、切符売り場らしき場所  も 素敵です 


旧大社駅


清算所って右から左へ墨で書いてあるところがいいですよね~


こういうの 現代でも書いてみたら 意識して見られていいかも 


上下に開く 小窓好きなんですよ 


旧大社駅


国鉄D51形蒸気機関車も観られます 


旧大社駅


続きを読む

このページのトップへ

出雲大社

島根県立しまね海洋館アクアス


足が だるだるぅ~~ソースに 近い 溶けていきそうな中


お疲れでしょうね~ってことで セレンが運転 


ま~殆ど 一直線コースで 全然平気 


海岸沿いの 大きい 風車発電を観ながら・・・これからは 自然発電かね~なんて 会話です。


ん~で


出雲大社に行くにつれて


雲行きがあやしくなり・・・雷が 遠くに鳴っている


傘を買う?といいながらも とりあえず 「蕎麦」を大型の大衆食堂でいただいたが


これまた、年越し蕎麦を食べている気分であった 

出雲大社


「え~~んよ かまん これで お腹がすいとったから←(たしかに吸いとった)」って 相方さん言うけど



神殿が改築中かなんか知らないけれど・・・借り神殿でしたわ 


出雲大社


それでも 息子、娘の縁がありますように 

出雲大社


あ~~~ 焦るな~ 雨が降り始めたわ 


出雲大社


今日は 晴れのはずだったのに なんででしょう 

出雲大社


車に付いて乗ったとたん 土砂降り 


ま~霊感が強い? それとも 運がいい?






実は セレンは もうひとつの 大社へ行きたかったのです 


つづくぅ~。

続きを読む

このページのトップへ

島根県立しまね海洋館アクアス

石見銀山から




有福温泉№2
有福温泉№1

小川屋旅館に縁あって 宿泊しましたら


パンフレットに


島根県立しまね海洋館アクアスが 15分ほどで行けれる場所だと知り


やってきました。


4月30日のことです。


イルカの形をした らしき こいのぼり(こいのぼりと言っていいと思う)が アクアスには ヒラヒラと・・・



イルカのぼりぃ~ 


すんませんが 写真には映ってません 


島根県立しまね海洋館アクアス


ま~ 30分ほど居て 出雲神社へ参ろうかと思ってたら


これが ハマってしまいました 



白イルカのバブリング・・・楽しみしてきましたら 


 口の形や 顔が違うのが めっちゃ かわいい 
島根県立しまね海洋館アクアス


御懐妊中で、ショーがないので しょ~がない。(あっ そこの方・・しょ~~もないと思ってらっしゃる?)


で・・・もう 生まれたのかな?






アジやサンマ?トビウオなどの群で泳ぐ姿は キラキラして奇麗 


目が回りそうなので スローなのを 



島根県立しまね海洋館アクアス


こんな スケスケ パネルでおたスケ  イカやクラゲなど 壁面に展示されてました。

島根県立しまね海洋館アクアス


Pinkやblue・・・brown・・キノコみたい


コロコロな クラゲです。


クラゲといえば、さされたらお酢をかけたら治るらしいですから


ビーチには必需品だと・・どこぞの(ハワイだったかな?) リゾートビーチには常備してるとか




島根県立しまね海洋館アクアス


すっごく 気持ち良さそうですけれど、サメさんのお口に 変な 口内炎みたいなコブが出来てましたよ


なんででしょう?



島根県立しまね海洋館アクアス


続きを読む

このページのトップへ

小川屋旅館の梅ちゃん

有福温泉№1で お宝な 「梅ちゃん」


お宝って 人のお宝もあるよね。



梅ちゃん、小川屋旅館の「福」な片身が行方不明になってしまった


今日気がついたのね。


それは 割り箸。




お膳を運んできてくれた 「梅ちゃん」が・・


「この割り箸を ちょっと かいで観てね いい香りがするでしょ~っ」て 言ってた。


なんという木だったか忘れたけれど 日本の天然の樹らしかった


「軽くて 食材を挟んでも滑りにくいので 自宅でも 麺類を食べるときに いいんで、エコにもなるので餅帰りして 使ってみてね~」






って


そこで 相方さんが 相槌を打ちながら 旅館ともなると そこまで 気配りをするのだというに 感心していた。


セレンは お持ち帰りしたはずだったのに 見当たらない 


箸は、生きるための食材を取り入れる=生命


それに 箸によって 口当たりなどで 美味しさも変化するかも?


福を挟むってことを 聞いたことがある。


箸は二本あって 成り立つから 夫婦仲良くってこともあるよね。


ま~ どちらか バランスが悪くても支えずらいし、もちろん 一本しかないと 箸の意味が無いし


一本だと 自分の身を半分割って二本にしなければならない 痛ましい結果にもなる。


なんて たかが箸の事ですが・・・



梅ちゃんは 一度巡り逢っただけなのに


一生忘れそうにない 


セレンも そういう人になりたいな~。








このページのトップへ

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ) in 石見銀山

龍源寺間歩 (りゅうげんじまぶ)へ 行く道中です


レンタル自転車が電動でも、翌日筋肉痛だった 


最後の方で気がついたけれど、サドルの高さって調節しないと すっごく脚力に反比例するんですね 


普通のチャリで登って行く 若者を観てて不思議だったわ 


だけど、息子は最悪だったみたい、マウンテンバイクだったのだけれど


チェーンが 外れそうに カッチンカッチン鳴って 途中でペダルが空回りしたりして進まないので 


普通の自転車が良かったらしい 


試乗するって自転車でも大事 






銀山間歩


歩いたら ほぼ 一時間はかかるですよ 


そうしたら 大森地区+こちらも 歩きなんて 死んでしまいす  



ま~ なんだかんだと ぐちぐち・・・ヒイヒイ言いながらも25分程??で 到着。





江戸時代の中頃に開発された代官所直営の坑道で、大久保間歩に次いで長く、約600mあります。



銀山間歩


そのうち一般に公開されているのは273mで、坑道の壁面 には当時のノミの跡がそのまま残っています。


銀山間歩


排水のため垂直に100mも掘られた竪坑も見ることができ、石見銀山絵巻等の展示もあります。


そういえば 資料館で 排水する時に木製のポンプで吸い上げているシーンの絵巻が ありあした。


銀山間歩

これだけ 手彫りで掘り進んだ 間歩が 後、「釜屋間歩」、「新切間歩」、「大久保間歩」、「福神山間歩」、「本間歩」、「新横相間歩」の7つの間歩が国の史跡として登録されていて500を越える間歩があるとか

銀山間歩


そういえば ガイドさんが 石見銀山は 東京ドームが 80入ると言っていたような 

銀山間歩


今回 車いすで来られていた方を 数名いらっしゃってて 感動 

銀山間歩


この スロープの中を 押していらっしゃいました 

銀山間歩


諦めないって 大切です 

続きを読む

このページのトップへ

御前そば in 石見銀山 №10

お~~ 可愛い 猫ちゃんの 彫刻です 


ふむ・・雌のようで  


石見銀山

なんて 思いながら・・・


御前そばで昼食を


15分ほど 待って (お店の前には 銀山らしく 銀の手作りアクセサリー屋さんがいらっしゃいました)



13時半頃だったか 食べれました。





石見銀山 御前そば



にゃぁ~~ん  お会計場所にも 猫のフォトが・・・ 


招き猫 

石見銀山 御前そば


きつね~ に ざるそば です。

石見銀山 御前そば


この時間帯だと 人気メニューが売り切れでした 

石見銀山 御前そば



普通に 普通の お蕎麦でした 


こちらは わんこそばが 有名なのか どうかですが コシはありませんでした。


出汁も・・セレン好みで無かったので 


出雲はこんな 感じなのかな~って 思いながらも


この「御前そば」の裏側にある レンタル自転車で 銀山間歩へ行く予定で シッカリ お食事しました  

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山№8

石見銀山№7の城上神社11時半から折り返し 



空腹の絶頂 ドリンクも飲んでない状態で お腹と背中がくっつきそうな 13時頃





石見銀山大森地区



空腹は最高の御馳走といいますけれど、「石見銀山」きねんに ぱっくん ぱっくん いただきました。


石見銀山大森地区

と・・・ 今回のお目当ての1つ  すぐ斜め左にある

中村製パン屋さんへ


焼き立てのパンの香りが セレンを引き寄せていく 

石見銀山大森地区


この レパートリーの多さとアイディアに選択に迷うぅ~~~


結局 季節限定に弱く 「桜餅あんぱん」「きなこもちもち」絶対はずせない「おはぎパン」を 三人で一個づつ買い分けあって 食べてみました 


石見銀山大森地区


桜餅あんぱんは 桜餅あんが入っており ほのかに香るくらいでして 

きなこもちもちは 生地自体が もっちもっちで 黄な粉っ  シナモン風な香りもあったとおもうけど・・・ ちょっと もちもち ケーキ風 ←相方さんお気に入り


セレンは やっぱり おはぎパンで 正解 


おはぎの モチモチ感と パンのふわふわ感が よかったな~


石見銀山大森地区


「御前そば」まで 後・・・どんくらいかね~ 元気出(さる、いぬ、キジの気分)たわ


こうなると 全部食べたくなってくるのを


「御前そば」と食べる予定なので・・・我慢 



石見銀山大森地区


ソフトクリームは きっと あんな感じ~だろうと 解るので


道を挟んで ゆっくり 食べれるスペースがあります。


食べ終わったら「パンの袋などゴミは こちらへお渡しください」というので 遠慮なく   


石見銀山大森地区








続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 №7

石見銀山 №6で 一時間半のガイドさんによる 大森地区町並みコースを12時頃に終了し

折り返し

もっと 詳しく知りたいな~って ことで

WAONカードを使用して 拝観料を支払い 

「城上神社」の手前にある 
石見銀山 №5 の 資料館前で 20分ほどで サックリ観ました。 


石見銀山


全国のさまざまな石を展示されており

金、金、鉱石の地図や 道具、資料 発掘方法の絵巻なども 面白かったけれど

サーチライトやカンテラが セレンの好きなアニメの「ラピュタ」を 思い出させられました。





そして 熊谷家住宅 (重要文化財)大森銀山地区最大の商家建築


石見銀山



銀山経営のほか、酒造なども営んでいました。


徳利が こんなに 大きいのも


 手前に見える 一升ビンごと 熱燗にしてたのからかも 


石見銀山


ほら かまどのように 薪を入れてるでしょう 

石見銀山



「銀山鍋」の様子
石見銀山



 当時の宴の 様子がうかがえる お膳です。 大盛りの白ご飯は 御馳走だったのでしょうね
石見銀山




明治36年の12月29日 お餅1501個 という 意味があるのかどうか解りませんが 

お正月のお餅でしょうね 

石見銀山


カゴの裏に描かれた 福笑いの様な・・・「おかめ」さん

石見銀山



福は家~~~って 感じですよね。


微妙に・・怒っているようにも見える

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 №6

ガイドの 最終地点 城上神社(きがみじんじゃ)へ 

鳥居の手前で 


花嫁、花婿さんの 前撮りです 


石見銀山 大森地区


氏子さんなのかな 


新緑に映える 真っ白なウェディングドレス 


石見銀山 大森地区



境内から見える 石見銀山 


 楠(別名ナンジャモンジャ)だったと思うけど・・・ 自信が無いです 

石見銀山 大森地区



『永享 6 年( 1434 年)、大内氏によって仁摩町馬路(にまちょうまじ)の高山から大森町愛宕山(あたごさん)に遷座され、天正 5 年( 1577 年)に毛利(もうり)氏によって現在位置に遷座、造営されましたが、寛政の大火により類焼し、文化 9 年( 1812 年) 4 月に現在の拝殿が再建されました。』


というのもですが

毎年 これだけの しめ縄を掲げるというので日本の稲作文化と共にある自然と神との繋がり

生きる力、素晴らしいエネルギーを感じます。


石見銀山 大森地区


その 願いや エネルギーが町に鳥居から流れ落ちていく感じがします。


石見銀山 大森地区


拝殿の鏡天井に描かれた極彩色の天井絵「鳴き竜」は、三瓶山麓の絵師梶谷円林斉守休(かじたにえんりんさいもりやす)の手によるもので


石見銀山 大森地区



描かれたのは寛政の大火後の文化 15 年( 1818 年)だそうです。

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 №5

阿吽の龍と像の彫刻が、仏教はシルクロードから渡来したのだな~って 思う。


 西性寺です

石見銀山

それよりも こちらが気になって 撮影に夢中になってましたら・・・


石見銀山


ガイドさんによると


『「左官の神様」と尊敬された松浦栄吉が還暦を迎えた大正時代中頃の鏝絵「鳳凰」がある。西性寺の経蔵には、ほかの三面の壁にも大輪の牡丹や菊が彫刻されています。』

とのこと

正面には経典3巻が彫られて祭られてましたので「西遊記」を思い出させます。
 菊で~~~っす 
石見銀山


こういう 木材のレースの様な曲線と

石見銀山


直前美って好きなんです 



あれ・・・こちらの 蔵の色が灰色なので 面白いな~って 撮影してましたら

石見銀山


灰を混ぜて塗ると ネズミや虫よけになるのだそうです

理容館アラタ
石見銀山


「昔はこういう 椅子に座って散髪をしてもらったものよ」と・・・相方さんが言ったけど

同じ昭和生まれでも 

昭和の境界線が・・・ 


そういえば、あなごめしうえのへ 立ち寄った時に 何の椅子だろうと 思っていたけれど


ここで 判明 

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 №4

今日からまた曇り後雨~~ 


来週の今頃は横浜の予定 


晴れるといいな って 思いながら




今年 4月29日の 石見銀山への旅・・の つづき 


「河島家住宅」 こちらは武士の住まいの代表として公開されてます。

正面に式台のある玄関と そのわきに大戸口という出入り口がありまして・・・ 

時代劇の 武家の間取りを思い出してました。

石見銀山


大森の町並みは 武家と町屋が混在しているのが特徴だそうです。

 旧大森区裁判所  
石見銀山



 観世音寺(岩盤を刻んだ石段を登っていくと、朱色の門の両側に仁王様がカッと目を見開き、傍らには十六羅漢が静かに立ち並んでいます。大森代官所の祈願寺で真言宗の寺院。幕末には儒学者佐和華谷が住持)は 修復中でしたが・・

石見銀山






大森地区の中心にあって 


町並みが 銀山の谷間にあるというのが 認識でします 
石見銀山



なので 武家と民、仏閣などが混在するというのもうなずけます 

石見銀山



 瓦、屋根の 軒が木材でなく 「塗?」なんというのでしょう? 土で出来ています。
石見銀山

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 (4月29日)№3

レトロな新聞社の看板ですが・・・ フォントや画数も違っているのがデザイン的に面白いです

石見銀山街並み



木工細工屋さん だったかな~ 


おしゃもじ風の丸い木の枝の様な木の柱の 天辺からビー玉を落とすと


カランコロンと枝に当たりががら 


下駄を鳴らして歩いてくる音がしました。



石見銀山街並み


こういう長い屋根の並びに 不揃いの窓の配置が好きです。


ご家族の顏を 窓にあてはめたくなります 


石見銀山街並み


そんなこんなで 夢中になっていると ガイドさんが 遠くに 


走り追いつく 


「この凹みのある石は何でしょう


銀を抽出する過程で この石(要石)を使用していたそうです 


銀の製錬 灰吹法←詳しくはこちら


灰吹法は石見銀山から全国に広まったそうです。




最初の工程 

「鏈拵(くさりこしらえ)銀鉱石を「要石(かなめいし)」の上に載せてかなづちで砕く。その後、水の中でゆすりながらより分ける。」という


その 要石

石見銀山街並み



「春の小川は さらさら~~いくよぉ~

おっ Meiji の 笑顔 

湯がり 牛乳、コーヒー牛乳はいいね 

石見銀山街並み


栄泉寺(えいさいじ)の竜宮門


徳川天領の代官屋代増之助から、「断りなしに地方のお寺が無礼だ」と、取り壊しの厳命が下りてから

門に荒むしろをかけ、板で囲いをして通行止めをし 守り抜いたそうです。


石見銀山街並み


続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 (4月29日)№2

世界遺産そして 日本初の産業遺産でもある 石見銀山ですが


まずは 街並み(大森)地区を ガイドさんと一緒に 城上神社まで歩きです。


 
         計器もこんな風にお洒落にけ隠し
石見銀山


世界遺産ともなると こういう細部にも 気を使われるのですよね。

 古民家の天井から 鶴が吊り下げられています。
石見銀山



瀬戸内芸術祭で女木島、男木島へ行った時の事を 思いだしました。




石見銀山


4月29日 4月の末らしい 桜がおしゃべりしてる感じ 

ウィンドウディスプレイ 

石見銀山



江戸時代の 家並みに 光が降り注いでます


何という建て方だったか 覚えてませんが・・


平屋?一階の家の上に さらに屋根が乗っかった感じ(2階ではないけれど屋根裏?)


左側の建物は土壁で出来ています。


石見銀山


4月末ですが 風鈴に・・・アイスクリーン 


石見銀山


節電には 欠かせません 


なぜか・・・セレン家は ず~~~っと 風鈴が 吊り下げられてますけど 

続きを読む

このページのトップへ

石見銀山 (4月29日)№1

石見銀山→へ 4月29日 就職してまもない 息子からの 旅行プレゼント? で行ってきました。


朝5時半に自宅を出発


しまなみ海道を渡り・・・


すぃすぃ~~~っと


8時40分頃「遺産センターへ」第1パーキングへ到着 


一週間も前から NETで あれこれ検索 


石見銀山 WAONにチャージしたり、音声ガイド→も利用しながら

お勧め散策コース→巡りをしょうか

じっくりみる エリア別コース→のコースがよいか


初心者向け→の一泊二日コースがよいか


迷っていたけれど


現地で 相談すると


石見銀山 みて歩き」の 地図を手にし


無料ガイドさんにより 街並みコース 10時からの1時間半コース(先着20名)があるというので


石見銀山公園まで大森行きのバスに乗り 5分程で到着


公園内で 無料ガイドさんの予約をし


石見銀山



waon チャージしたり ドリンク用意、 おトイレなど・・・下準備 


石見銀山


大まかな計画は


午前中は ガイドさんによる 街並みコース


石見銀山
羅漢寺を 指差すガイド近藤さん。


公園から→城上神社 の 1時間半を終え


城上→御前そば(lunch)まで 


帰りは waonを利用し 個人的に 


資料館や、熊谷家、旧河島家など・・江戸の街並みを 堪能。


御前そばlunchの後は 近くにある 自転車(坂道なので電動)をレンタルし


龍源寺間歩で いっきに 上り


降りはゆっくり 堪能コースということに決定。



上手くいったかどうかは 後日 UPしますので ご覧ください 


ベロタクシーで龍源寺間歩へのご利用の方も見かけました。


石見銀山

東北震災地への「絆」 想いが伝わってきます 

石見銀山


親子の「絆」を感じた 旅行でもありましたが・・・。


昔、子供の頃 息子が言ってましたっけ


ジムで 減量などで ペダルを漕ぐのを電力に変換すれば 電力になるって


コンビニで賞味期限の弁当を捨て


贅沢して ぷっくり 太って減量を考えて 働いてカロリーを消費きれないで


その分、ダイエット商品や 体操をする時間にお金をかける時代。


考えさせられます 




続きを読む

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。