huruhuru

日記

ラストone わんこ蕎麦  

水曜日に 日帰りドライブ旅
 
足立美術館を3時間堪能した後

見つけた 蕎麦屋


白椿ハウス (4)





所在島根県安来市広瀬町布部2845−1

 

元産の野菜、しいたけ、あずき、花もあります。

おいしいモチ米、地元でとれた米を原料にした山菜おこわ

香りの高いのどごしのよいそばです。

地元のそば粉を使った手打ちそば 



ここにも 足立美術館?って 思えるほどの風景が・・・・



水は清き


そこに 心清き人あり


この 地元相あふれる感じ。



白椿ハウス




ラストのわんこそば・・・・



13時半に 私達で完売。



梅干し ふるーてぃ~~


こんにゃく 山菜 手作りって感じ。


そして


そばがいい~~~んですよ。


わんこそば 10ワンいただきたい。



白椿ハウス (2)



もちろん


うどんもありますが・・・・



出雲にくれは


おそばじゃないの~


ログハウスの ストーブはいってる なかからみる


白椿ハウス (3)



大観の 櫻 屏風絵を 思い出しながら・・・




ごちそうさまでした。






スポンサーサイト

このページのトップへ

善応寺

4月14・・・・

「夢うらら」からの~花見。

善応寺。

善応寺 (2)


創建は室町だそうです。


善応寺 (14)


河野氏発祥の地とか・・・・


善応寺 (13)
                                                                  
河野通盛が創建。小早川隆景により焼失,江戸時代に再建とのこと。

善応寺 (12)


駐車場では地元の方がお花見されていました。


善応寺 (11)


一休さんも一休み。

善応寺 (10)

まだまだ。。。。


善応寺 (9)


ありがた~い


善応寺 (8)


無の境地になれるように


善応寺 (5)


手を合わせ


善応寺 (7)


大相殿へ


善応寺 (6)


からの~~ 📷


北条の景色がなんとも美しい。


善応寺






で・・・・


キティちゃん好きな私としては

おみくじを引いてしまいました。




善応寺 (3)



我が家のベビーキティに 


善応寺 (4)


キティちゃんのコイン(小判)お守り付きだったので お供え?


しておきました。


4月らしい 🍓





続きを読む

このページのトップへ

夢うらら 

夢うらら

4月14日(花金?)


春うらら~ 🎶

こんな日には

「夢うらら」の 桜の下で Caféしてみましょう 

夢うらら (3)


蕎麦、抹茶、餡 、きな粉、ショウガ、蜂蜜・・・

ちかごろは 美味しい和菓子好きになってきてるセレンです。

なので・・・このチョイス

夢うらら (2)


そば粉のワッフルです





ま~ セレンが 


着てみようと思うということは


満席


15台ほど置けそうなパーキングも ギシギシ 満開。


こういう時は


お食事&スィーツ&ドリンク代わり となる ワッフル。


さささ~っと 桜も満喫して


いざ


行かん~~~♪


近くの 伊予北条 善応寺へ 









このページのトップへ

櫻2(さくら🎶さくら~♪)Café からの 寄り道

PAP_0011_20170416190243a51.jpg


農業用のため池そばの 桜が満開だったので


さんぽ 🎶

PAP_0009_2017041619024175f.jpg







「すみれの花と 桜」


足元にも 春爛漫。



このページのトップへ

お抹茶ヌードルで いっぷく? 

カップヌードル 抹茶

nissin の 抹茶仕立てのシーフード味 ヌードル。

カップヌードル 抹茶 (3)

「TVでしてたよ~限定って・・・」と 友人。 

買ってみようよ~て すすめられ

花見の夕飯は手抜きで

こちら。。。



いかにも 外国人にうけそうなパッケージです。

それを

中身よりも 気に入ってしまったの。

カップヌードル 抹茶 (4)


グリ~ン グリ~ン 🎶 してます。


麵まで 抹茶色。


カップヌードル 抹茶 (2)


シーフドの味がしているけれど

そんなに 抹茶味はしないよ。

そうか~

シーフードを買って

抹茶の粉を入れてお湯を注げば

いいのじゃないの?



って・・・

思ってしまった。


そんなこんなで

パッケージのデザインに

ほれぼれしながら

最後まで 食べてしまったセレンでした。

このページのトップへ

櫻2(さくら🎶さくら~♪)

櫻2 (19)

雨天が続き


このままだと 桜が散ってしまうのでは?


と・・・・・


周ちゃん広場から 


10時半頃 「櫻2」へ  寄り道。


櫻2


桜の花の 滝・・・


櫻2 (22)


扉まで


櫻のカーテン。


櫻2 (21)


桜色のドット模様

櫻2 (20)

情緒があっていいですね~。


櫻2 (17)



なににしょうかニャ~ 🐈


芸術的なカレーが人気のようです。

櫻2 (16)


毎年 このシーズンは 半年前からランチの予約が入っているそうです。

11時半から は 予約席で満席。

櫻2 (15)


その直前で ギリギリ 30分ほど Café できるってことで・・・・


櫻2 (14)


こちら


櫻2 (10)


キーウィの ケーキと カフェオーレ


櫻2 (11)


どうです?


レモンイエローで 統一された


櫻2 (8)


絵画的配色の センス💛
櫻2 (7)

コースターの赤色もアクセントにして


櫻2 (13)


櫻の背景を額縁風に 📷
櫻2 (9)



窓からはヤギの「さく」ちゃんが 見えました。


さて・・・


散策して 帰ろうkな~


櫻2 (6)

いろっぽい 




櫻2 (5)


櫻2 (4)


さくちゃんが 真っ赤な椿を ほおばって食べていました。

櫻2 (3)


残念ながら


シャッターチャンスを逃してしまいました(;^_^A


櫻2 (2)


またね~さくちゃん。







このページのトップへ

カレイ山 de 花見 るぅ?

カレイ山

4月7日↑


毎年カレイ山の開花 

大島では最後だよね~

でも・・・

行ってみようかね~

カレイ山 (2)


あれれ~

これだと来週の土日には 散ってしまうわよね。

来てよかったね~。

さすがに

だ~~~れ~~~も 

いらっしゃいませんでした。

このページのトップへ

Patisserie T's café 玉屋  de 花見

開山で 心は満たされたのだけれど・・・・

やはり

伯方島 in 玉屋 (2)



お腹も満たされたいっ (⋈◍>◡<◍)。✧♡


伯方島 in 玉屋 (2)

open して すぐに入店

なので、 お気に入りの モンブランも get !!!

一輪の桜を浮かべて いい感じ(^^♪

伯方島 in 玉屋


サクサク ☆ 

伯方島 in 玉屋


そして


しっとり~うっとり~


濃厚な ピスタチオが 包み込む


べリ~な フレッシュ感。


ストロベリーは一番熟している ヘタが王冠の形に反り返っているのを


しっかり チョイスして


ラブリー&スぃ~ツ な time でした。

このページのトップへ

桜 で 開運 いただきます。

毎年 初詣気分で 桜を愛でます。

2017 hirakiyama

今年は 遅めの開花? 

いつもは4月7日では 開山は満開のはず・・・・

この日は 霧のベールに包まれて ロマンチック。

2017 hirakiyama (2)


ツツジとのコントラストも最高。

2017 hirakiyama (3)


アスファルト抜き・・・


うまい具合に轍や 霧が奥行きを 演出し


2017 hirakiyama (4)


手前の白い桜と 奥の 濃い色の桜に 霧がかかり


誰かが そこに・・・


2017 hirakiyama (5)


ツツジとの共演も なかなか 色とりどり


2017 hirakiyama (6)




舞妓さんの花簪


2017 hirakiyama (7)



雫がきらめいて 素敵です。


2017 hirakiyama (8)


まだまだ これからという つぼみ


2017 hirakiyama (9)


今日 15日は宴でしょうかね~


2017 hirakiyama


新生活スタート


運が開けますように。





このページのトップへ

ひっそり 花見

日曜日の晴れ間を縫って玉川ダムでと・・・行ってみると
なんと~渋滞・

花よりも人に酔いそうなので
Uターンし

美術館そばの桜に引き寄せられて
散策。


PAP_0120.jpg PAP_0122.jpg
PAP_0126.jpg PAP_0127 (2) PAP_0130 (2)

やはり、足元からの

土、水、風を
感じられると

PAP_0135_201704111426520b3.jpg
PAP_0133_20170411142650baf.jpg PAP_0134_2017041114265089e.jpg PAP_0132_20170411142647810.jpg PAP_0132 (2)


気がUP

続きを読む

このページのトップへ